« かまくら | トップページ | 女性天皇について »

悪人正機

4101289220.09.MZZZZZZZ正月のテレビ番組では、親子ともども「ギター侍」に斬られまくりでした。帰省の新幹線のなかで読んだこの本も、吉本隆明さんが人生相談のかたちで、世の中の様々な事柄について淡々と斬っていました。シンプルな切れ味で読んだあとすっきりします。「理想の上司」ってなんだ?というテーマで、上司以上に大切なのは、実は「建物」なんだという考えが面白く、妙に共感してしまいました。
降りた新幹線のホームからは、夕焼けに映える丸ノ内のオフィスビルがみえました。明るいフロアを目の前にして、正月でも頑張れる理由は、やはり「建物」にあるのか、と思ったりして。

 上司の善し悪しっていうのは、よっぽど悪いのとか、えらく優秀なのってのは、あんまりいないわけでね。たいていは、ある程度の範囲内に入っちゃうから、そういうのは第一条件にはならないなって思うんです。
 それより、建物なんですよ。理想的な建物が理想的な場所にあって、ある程度以上の規模の会社だったら、毎日来てもいいやって気持ちになりますね。(「悪人正機」p87より引用)

|

« かまくら | トップページ | 女性天皇について »

コメント

あけましておめでとうございます。

この引用文、いいですね。なんといっていいのかちょっとコメントは難しいですが、そう思わせる何かを感じます。的を得てる! といった確信まで自分は到達できませんが、きっとこの本読んだら的が得られるのかも、なんて思います。

本年もよろしくです。

投稿: スイカ | 2005/01/06 15:51

スイカさん、こんにちは。
コメントいただきありがとうございました。

「上司より建物」って言うってじゃな~い。
でも、そう感じるってことは、サラリーマン生活にどっぷり浸かっている証拠ですから~。残念!

なんて思ったりもします。
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします!

投稿: cozy | 2005/01/06 20:29

正月に親戚が集まる石で、今年大学4年生になる従兄弟に、どんな会社に入りたいのか聞いてみたら
「都心にあって、名前を知っていて、高層ビルに入っている会社に事務職で勤めたい!」
と即答しました。

恐ろしいぐらいに引用文と同じなのでびっくりしました。

ワカモノの就業観なんて、そんなもんなんだよな~とバカにする前に、大した違いのない社会(会社)を作ってきた自分を恥じるべきか・・・

「建物変わるが、上司変わらず」かもしれないけど今年もよろしく

投稿: joshi | 2005/01/07 11:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/2465386

この記事へのトラックバック一覧です: 悪人正機:

« かまくら | トップページ | 女性天皇について »