« 新書で読む「韓国併合」 | トップページ | 第2回:協調学習という考え方 »

横浜3-2ヤクルト

岩村選手のホームランを含む猛打賞も報われず3連敗。単独最下位に転落。トホホ。
1点差リードの7回表の攻撃、タラレバは禁物ですが、藤井投手に対して2アウト2塁ながら代打を送らなかったのは賭けでしたね。五十嵐投手の離脱の影響がでてました。早く戻ってきてくれ~背番号53!
藤井投手が好投していただけに、そのウラ、石井琢郎選手に打たれた逆転タイムリーは痛すぎました。今日は勝つべきゲームでしたね。
古田選手は今日も2安打。偉業達成まであと少し。こうなったら今週末の巨人戦にでも一気に達成してもらいたいものです。しかも、金、土ならフジテレビで全国放送だ!
■■■ヤクルトスワローズ古田敦也選手■■■
■■2000本安打達成まであと6本!■■

|

« 新書で読む「韓国併合」 | トップページ | 第2回:協調学習という考え方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/3703410

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜3-2ヤクルト:

« 新書で読む「韓国併合」 | トップページ | 第2回:協調学習という考え方 »