« 7連勝 | トップページ | ツバメ参上! »

アンドリュー・ニコル作

trumanshowトゥルーマンの人生そのものがテレビ番組なのです。恋人、家族、友人、町に住む人たち全員が、おのおのの役割を演じるキャストで、生まれ育ったシーヘブンという小さな島でさえ、実はテレビ番組のための巨大な舞台装置だったのでした。生まれてから30年間、全世界に24時間放映されている事実を知らないのはトゥルーマンただ一人。そんな奇妙な物語です。
すべてが作り物の虚構の世界だということを知らず、自分の気持ちに素直に生きるトゥルーマンの姿がとても切ない物語なのですが、ラストは感動的です。虚構のショーを終え、舞台挨拶をした後で、リアルな世界への扉を開ける彼の姿におもわず拍手を送りたくなりました。
純粋な心の持ち主であるトゥルーマン(ジム・キャリー)、虚構の世界の創造者として神がかり的な雰囲気をもつディレクター(エド・ハリス)の演技が素晴らしかったです。奥さん役のメリル(ローラ・リニー)の偽りの微笑も、お人形のような怖さがありました。いずれも、役になりきることで、本来ありえない世界に見事なリアリティを出していたと思います。

GATTACAそもそもアンドリュー・ニコルの脚本ということで興味をもったトゥルーマン・ショーでしたが、監督作品であるガタカもお気に入りの映画の一つです。
そういえば、この映画でも「嘘」がテーマになっていましたね。兄弟が海で泳ぎを競うシーンなど、人生の試練の象徴として「海」が描かれている所も似ています。アンドリュー・ニコルが手がける映画には、奇想天外なストーリーの面白さにくわえ、人間のもつ強さや可能性について、勇気と希望を与えてくれる作品が多いようです。映画を観た後の「切なさ」も同じような感じがしました。結構ハマっています。別の作品もぜひ観てみたいと思いました。

|

« 7連勝 | トップページ | ツバメ参上! »

コメント

はじめまして♪この度はコメントありがとうゴザイマスヽ(^o^)丿
早速 オジャマ致します。
『ダカタ』も『トゥルーマンショー』も何かを考えてしまう
そんな作品ですネ。
特に『トゥルーマンショー』は初めて観た時
かなりの衝撃を受けた作品です。
有りそうで無かった設定~♪
みればみるほど良く出来た作品だなぁ~と
感心してしまいます。!(^^)!
こちらからもTRBさせて頂きました。

投稿: soratuki | 2005/05/22 01:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/4172653

この記事へのトラックバック一覧です: アンドリュー・ニコル作:

» 232.『ガタカ〜GATTACA〜』みちゃった!(^^)! [徒然なるままに・・・?]
{/kaeru_fine/} 今夜の作品はSF&サスペンス『ガタカ』です。 未来のお話だけどあまり現在と変わらない風景… 違和感無く観れます。 1997年 アメリカ 本編106分 監督・脚本:アンドリュー・ニコル (『トゥルーマン・ショー』『ターミナル』他) 音楽:マイケル・ナイマン (『ZOO』『仕立て屋の恋』『髪結いの亭主』  『ピアノ・レッスン』『ことの終わり』他) 出演 ビンセント:イーサン・ホ−ク (『大いな�... [続きを読む]

受信: 2005/05/22 01:46

» 145.『トゥルーマン・ショー〜the TRUMAN show〜』みちゃった!(^^)! [徒然なるままに・・・?]
{/hiyoko_cloud/} 今夜のお題はちょいと前の作品です。 新作って・・・・出尽くしたような??? いえいえっ! これからリリース予定のDVDが控えているので 「出尽くした」という表現は正しくないですね。^^; しかし どんどん懐が寒〜〜〜くなってきちゃって 過去購入したDVDを小出ししようかと…(見直すのも兼ねてマス) 随時、新作なども織り交ぜていこうと思っております故 どう... [続きを読む]

受信: 2005/05/22 01:48

« 7連勝 | トップページ | ツバメ参上! »