« 和歌山ラーメンの底に○○を発見 | トップページ | ログ依存社会 »

生酒と原酒

どちらも搾ったまんまのお酒ですが、その違いは
原酒・・・アルコールの加水調整をしない清酒。
生酒・・・一切加熱処理をしない清酒。
ということです。
「清酒」というのは酒税法で定められた日本酒の正式名称です。ただし、呼称として「日本酒」と表示することも認められているそうです。
搾ったまんまのお酒は、アルコール度数が20~22%と高くバラツキもあるため、水で薄めて均一化するのです。この根拠になっていているのが酒税率で、アルコール度数15%(市販酒の規格では15%以上16%未満)が基準です。ここからアルコール度数が1%上下するごとに税率が変わるのだそうです。
また、搾ったまんまのお酒は、酵母の働きが活発です。加熱処理しないお酒は、貯蔵中に成分変化が起こりやすいため、品質を安定させるために加熱処理します。

(参考:「知識ゼロからの日本酒入門」/尾瀬あきら著)

|

« 和歌山ラーメンの底に○○を発見 | トップページ | ログ依存社会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/5519326

この記事へのトラックバック一覧です: 生酒と原酒:

« 和歌山ラーメンの底に○○を発見 | トップページ | ログ依存社会 »