« 私淑 | トップページ | 순두부찌개(スンドゥプチゲ) »

ひさびさに7つの習慣

7つの習慣―成功には原則があった!習慣化こそ成功への近道だ!
先週受講したプロジェックトマネジメント関連のセミナーで、技法やツールを使いこなし、それを習慣化していくことで人格も鍛錬され、人間力がついていくのだ!という主旨の講演を聴き、なるほど、そんなもんかねえと感心したものです。

引用元が一昔まえに流行した「7つの習慣」だったので、数年ぶりに読み返してみました。
すると、そのときは気がつかなかったのですが、どこかで聞いたことがある一節を発見してしまいました。

p50 わたしたちの人格は、繰り返される習慣の結果として育成されるものである。昔の格言に「思いの種を蒔き、行動を刈り取り、行動の種を蒔いて習慣を刈り取る。習慣の種を蒔き、人格を刈り取り、人格の種を蒔いて人生を刈り取る」というものがある。引用:「7つの習慣」(スティーブン・R・コヴィー著/キング・ベアー出版)より
これって・・・
ヤンキースの松井秀喜選手が高校時代の恩師である星陵高校の山下監督(数日前、引退されたという新聞記事がでていた)から教わったという言葉です。
心が変われば、行動が変わる
行動が変われば、習慣が変わる
習慣が変われば、人格が変わる
人格が変われば、運命が変わる
ネットで検索してみたら、ヒンズー教の教えだという説もあり、どれがオリジナルなのかは不明です。いずれせよ、名言だと思っています。
この4つのステップで、心→行動、行動→習慣、人格→運命、というのは直感的に分かりやすいのですが、習慣→人格というステップだけは、かねがねどうもピンとこない感じがあったのです。

「7つの習慣」のエッセンスは、依存から自立へ、そして相互依存へという成長のプロセスにおいて習慣化がポイントだという考え方(思いっきり端折っています・・・)だと理解しているつもりですが、数年ぶりに読んでみると、習慣→人格のところがすんなり入ってくるような気がして不思議でした。
年をとると頑固になるといいますが、逆に自分は年をとって素直になったのだろうか?などとツマラナイことを考えつつ。

|

« 私淑 | トップページ | 순두부찌개(スンドゥプチゲ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/5821736

この記事へのトラックバック一覧です: ひさびさに7つの習慣:

» 松井秀喜だってジャイアンツ愛なのだ!! [オガチャン的ライフ]
長い連戦続きで今日もデビルレイズと戦っている松井。昨日がオフとは言え、移動があっての休日。それなのに海の向こうから松井は巨人をとってもとっても心配しているのである。古巣・巨人の来季新監督問題について初めて口を開いた。外部招へいか、OBかというのは問題ではなく「巨人のことを本当に愛し、すべてをつぎ込んでくれる人にやってほしい」。 と海の向こうから一人のOBとして語ってくれた。「いまだに愛している巨人のことを思う人じゃないと誰がやっ�... [続きを読む]

受信: 2005/09/07 10:31

« 私淑 | トップページ | 순두부찌개(スンドゥプチゲ) »