« 日本酒の日 | トップページ | 郵政公社の投信販売 »

いつかはこの日がくると思っていたが

うえの子が野球チームに入りたい!と言い出しました。

「ホントのウソ」の野球論には、「野球の常識」の落とし穴!という経験者にとって思わず手にとりたくなる帯がついてました。自分がやってきたことは正しかったのか?という潜在意識もあったと思います。このタイミングでまったく罪な本を見かけてしまったものです。
YSの石川雅規投手の母校、秋田商業の野球部監督である小野平氏の著書なのですが、高校野球の指導者が書いた本でありながら、少年野球にも活かせそうなヒントが沢山詰まっていると思いました。

まずは「指導者の役割=教えること」の落とし穴が指摘されています。
相手が子どもだと、どうしても「教える」という意識が先になってしまいがちです。そして教えた結果、少しでも成果が現れようものなら、「ほら、教えたとおりだろう?」「やっぱりそうだろう?」と、あるある、確かに同じような言い方をしていたような。まったくの反省。
「わたしが教えたから今日のプレーができたのではないぞ。教えてもできない選手はたくさんいる。けれど、君はそれができた。それは自分の力でできたということだよ」、こんな言い方をされれば、子どもたちはどんどん上手くなりそうな気がします。

技術論では、「腰を落とせ」ではなく「腰を割れ」、「全力で走れ」ではなく「素早く動け」、「バウンドに合わせるな」ではなく「もうひとつバウンドを前で」のように、微妙な野球感覚(コツ)を伝えるための表現が、実によく腑に落ちます。選手自らが気づきやすい、丁寧で的確な「言葉」への配慮が必要だということが分かります。

|

« 日本酒の日 | トップページ | 郵政公社の投信販売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/6224447

この記事へのトラックバック一覧です: いつかはこの日がくると思っていたが:

« 日本酒の日 | トップページ | 郵政公社の投信販売 »