« 皇居周辺にて | トップページ | FA残留という生き方 »

トップバッターの資質

ヤクルト=青木、阪神=赤星、中日=荒木・・・
あれっ!一瞬、普遍の法則を発見したような嬉しさがこみ上げてきました。
横浜=石井までは良かったのですが、巨人=???、広島=???で興ざめ。
同じようにパ・リーグの一番バッターを思い浮かべてみたのですが、残念ながら仮説を裏付けるデータは得られませんでした。

<五十音順>という不条理に耐え続け、小学校、中学校と「自己紹介」のプレッシャーを克服してきた人たち=トップバッターの資質という説には何ともいえない説得力があると思ったのですがねえ。
そんな着眼点が面白い!
奥田英朗さんは、名字における個人の適性診断は、少なくとも血液型占いより一考の価値があるはずだと言い切っています。
スポーツ爆笑エッセイ「延長戦に入りました」(奥田英朗著/幻冬舎文庫)より。

|

« 皇居周辺にて | トップページ | FA残留という生き方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/6952922

この記事へのトラックバック一覧です: トップバッターの資質:

« 皇居周辺にて | トップページ | FA残留という生き方 »