« これからのマネジメントは「調整と育成」 | トップページ | ファン感謝デー »

ウエンカムイの爪

圧倒的な強さで人間の前に立ちはだかる「大自然の力」。
東北地方や北海道を舞台にした熊谷達也さんの小説を読むと、人間とは何とちっぽけな存在かと感じてしまいます。デビュー作「ウエンカムイの爪」では、ヒグマが人間の前に立ちはだかります。

すべてを一閃で切り裂くほどの鉤爪、ムッとするような野獣の匂い、怒りの咆哮など、よくぞここまで表現できるなあと感心してしまうほどディティールにこだわった描写が、獰猛な野獣としてのヒグマを強烈に印象づけます。しかし、この本におけるヒグマの意味は、一個体としての猛獣ではなく、生態系の一部であり人間が長い歴史のなかで克服しようとしてきた大自然の象徴だと思われます。

そう考えると、ヒグマを思うままに操っているかにみえた謎の女でさえ、自然と人間の対立にフォーカスするための演出だったとも考えられるでしょう。都会の生活に破れ、逃げるようにして北海道にやってきたカメラマン吉本がヒグマとの壮絶な戦いの末、最後にみた結末こそ、著者が伝えたかったメッセージではないでしょうか。
こんどは熊谷氏のオオカミの物語を読みたいと思っています。

|

« これからのマネジメントは「調整と育成」 | トップページ | ファン感謝デー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/7269724

この記事へのトラックバック一覧です: ウエンカムイの爪:

« これからのマネジメントは「調整と育成」 | トップページ | ファン感謝デー »