« フリーター25万人を正社員に | トップページ | 石井一久からメールが・・・ »

懐かしき川べりの町の物語せよ

三浦しをんさんの「むかしのはなし」を読みました。
前回の直木賞候補作にあがった作品ですね。
あとがきに
>>日常のなかに非日常が忍び入ってきたときに、その出来事や体験について、だれかに語りたくなる
とありますが、「かぐや姫」や「花咲か爺」、「桃太郎」など昔話を現代風にアレンジして、回想風の物語にしています。
ホストやストーカー、空き巣、やくざなどを登場させて非日常性を演出するという着想が面白かったです。
不良高校生モモちゃんが、仲間とともにやくざの情婦を襲うという、桃太郎をモチーフにした「懐かしき川べりの町の物語せよ」が一番インパクトがありました。
何ともいえない寂しさや哀しさと、不思議な読後感が残る本でした。

|

« フリーター25万人を正社員に | トップページ | 石井一久からメールが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/8239994

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしき川べりの町の物語せよ:

« フリーター25万人を正社員に | トップページ | 石井一久からメールが・・・ »