« オーデュボンの祈り | トップページ | 北京ヴァイオリン »

世界一の誇り

本日発売のNumber650号、WBC特集だったので即買い。
チームJAPANの一員としての誇りが、各選手によって余すところなく語られています。彼らが異口同音に語っていたのは、チームプレーでありメンバーシップの素晴らしさでした。

表彰式のあと、日の丸を手にして王監督のもとに歩み寄ったイチロー選手。そこで王監督からいわれたという一言。
「ありがとう、君のおかげだ。」
イチロー選手は、この一言ですべてが報われた気がしたといいます。

イチロー選手がリーダーとして動きやすいようにサポートした宮本選手のエピソードも感動的でした。打撃投手として志願登板するなどサポート役に徹し、チームを一つにするために実に細かな気配りをしていたのです。彼らしいリーダーシップだと思いました。不振にあえいでいた福留選手に「福留は福留であればいい」と声をかけたのも宮本選手だったとか。

日本のため、チームのため、仲間のため、そして自分のために戦った選手たちのメッセージは、それぞれが本当にカッコよくて美しかった。結局、一流のプロフェッショナルを奮い立たせたのは、「あの人のために・・・」「あいつのためなら・・・」という、情の部分だったのかもしれません。

明日はいよいよセ・リーグ開幕ですね。
Number650

|

« オーデュボンの祈り | トップページ | 北京ヴァイオリン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/9342505

この記事へのトラックバック一覧です: 世界一の誇り:

« オーデュボンの祈り | トップページ | 北京ヴァイオリン »