« プライベート・ライアン | トップページ | ロマンはどこだ? »

審判講習会

きょうは少年野球の審判講習会がありました。

投球判定練習では、実際にピッチャーが投げた球をジャッジ。審判の正しいポジショニングやストライクゾーンについて誤解していたことが判明。これまでストライクと判定していた低めの球、本当はボールと判定すべき球だったようです。また、ストライク宣告時のジェスチャーが根本的に間違っていることが分かりました。自分を含め、多くの人が右手の親指を立てて「ストライ~クッ!」と叫んでいましたが、実は、握ったまま(グーの状態)で腕を挙げるのが正解なのでした。なんだか、とても恰好が悪かったのですが、すでに癖がついているために、修正するのがかなり難しい。「ストライク!」の発声も、自分が思っているよりも、かなり遅め(きちんと見極めてから)のタイミングでもOKだと実感できました。

球審と塁審の動き方では、クロックワイズ(時計回り)という審判のカバーリングの原則を学びました。ようするに、空白のベースがなくなるように球審が三塁方向を、三塁塁審が二塁方向を、一塁塁審が本塁をカバーするようなフォーメーションです。走者の状況やアウトカウントに応じた複雑なフォーメーションは、到底すぐに身につくものではありません。しかし、重要なことは、パターン別に動き方やフォーメーションを丸暗記することではなく、なぜそのように動くべきかを理解することだと思いました。クロックワイズは、野球の国際標準化の流れのなかででてきた合理的なカバーリングの動きだそうですが、3人制審判ではなにせカバーリング範囲(走り回る範囲)がめちゃくちゃ広い。野球の審判、特に球審は大変な仕事だ!というのが偽らざる感想です。

野球の審判は、選手が犯したミスを知っていても黙っています。たとえば「さっきの走者はベースを踏んでいないのでは?」という相手方のアピールプレーがあって、はじめてアウトかセーフをジャッジします。野球がもっているこのようなルールの特殊性のおかげで、審判には完全無欠な判断が期待されていると感じてしまいがちです。これは当事者にしか分からない大きなプレッシャーです。
とはいえ、審判員が人間である以上、アウトorセーフ、ストライクorボールは、最終的には主観による判断です。きょうの講習会でも公認審判員による模範デモンストレーションがありましたが、ある審判の方が冗談交じりで「俺がアウトというんだからアウトなんだ」と解説していました。極論かもしれませんが本質をついているよなあと共感。少しホッとしました。

そういう意味でも、「とにかく焦らずにしっかりボールを見ること」という基本の基本加え、一歩ボールに近づくこと、プレーをじっくりみてから宣告することなど、「私はボールをきちんと見ていますよとPRすること(ポーズを含めて)」が審判への信頼につながっていくのだと思います。
審判の視点から野球をみると、あらためて野球とは奥の深い競技だと感じさせられます。

|

« プライベート・ライアン | トップページ | ロマンはどこだ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/9734885

この記事へのトラックバック一覧です: 審判講習会:

» カバーリングは、ベース色が薄いものがおすすめ! [ニトリの家具@ニトリの通販]
僕の経験から、ベッドのカバーリングについてのお話をひとつ。以前、シックな部屋を求めて黒いカバーリングを使っていた事があります。結論から申しますと・・・ 生地にもよりますが、基本的に黒いカバーリングはダメです。というか、濃いベース色のカバーリ...... [続きを読む]

受信: 2007/07/22 21:15

« プライベート・ライアン | トップページ | ロマンはどこだ? »