« 開運の馬 | トップページ | 雫 »

隠し剣 鬼の爪

「隠し剣 鬼の爪」をみました。
藤沢周平でおなじみの海坂藩を舞台にした下級武士の物語です。
東北弁が温かく、身にしみます。

印象に残ったのは、
「戦うための剣術」を師匠(田中泯)から教わるシーン。
狭間の妻(高島礼子)が、夫を逃してやってくれと夜中に訪ねてくるシーン。
そして、謀反者の剣豪狭間(小澤征悦)との雨中での壮絶な決闘シーン。

権力に媚びず、正義を貫く下級武士の片桐(永瀬正敏)の生きざまがいい。
正々堂々とした武士の生き方が、時代の流れとともに輝きを失っていく中で、武士という身分を潔く捨て、ただ愛する人と平凡に暮らすことを選んだ男の話です。

|

« 開運の馬 | トップページ | 雫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/10285467

この記事へのトラックバック一覧です: 隠し剣 鬼の爪:

« 開運の馬 | トップページ | 雫 »