« 「半落ち」で締め括ったGW | トップページ | 2006年交流戦開幕 »

CD-ROMとCD-R

CD-ROMとCD-Rは違います。
同僚に「CD-ROM納品」と「CD-R納品」の違いを指摘されました。
たった1枚のディスクを納品するだけであれば、たしかに作成に手間とコストのかかるCD-ROMではなく、簡単に作成できるCD-Rにすべきです。

CD-R(Compact Disk Recordable)
読み出し、1度だけの書き込み(設定により追記も可能)ができるメディア。一旦書き込んだデータは消去できない。記録面には金色や青緑色の有機色素が塗布されており、CD-Rライターを使ってレーザー光で1枚1枚記録面を焼くことによってデータを記録する。

CD-ROM(Compact Disk Read Only Memory)
読み出しのみ可能なメディア。スタンパ(ガラスマスター)をつくり、プレスによって複製する。ユーザの手に届いた時点では一切の書き込みが行えない。音楽などのコンテンツやアプリケーションソフトなど、ほとんどのソフトウェアはCD-ROMの形で流通している。

CD-ROMとCD-Rを見分けるリテラシーという面白い記事をみつけました。似て非なるメディアの違いを知っていることが、詐欺に引っかからないことになるのかも。

|

« 「半落ち」で締め括ったGW | トップページ | 2006年交流戦開幕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/9964827

この記事へのトラックバック一覧です: CD-ROMとCD-R:

« 「半落ち」で締め括ったGW | トップページ | 2006年交流戦開幕 »