« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

東京ヤクルト9-7千葉ロッテ

延長11回表に#2リグス選手の2試合連続の2ラン(14号)で勝ち越し。
8回裏に追いつかれましたが、よく勝てました!
#61石井弘寿のいない中、なんといっても最後を締めた#44松井投手の好投が光りました。なにせ西武の松坂投手が横浜高時代、「最も尊敬する人」に挙げた先輩ですから。
#45弥太郎くんは、もう少し頑張って!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もったいない

5月30日は「ゴミゼロ」とも呼ばれるみたいですね。
ゴミの分別回収や、最近の風呂敷ブームにみられるように、
ゴミを減らす=ものを大切につかう=「もったいない」という感覚をもつ
そんな価値観が、ようやく美徳になりつつあるのかなと。
注:子どもの頃テレビでみた「ものを粗末にすると、もったいないお化けが出るぞ~」
という外発的動機づけのCMがトラウマになっているわけではありません。

日本だけにしかない「もったいない」(MOTTAINAI)文化を世界に!
「もったいない」という言葉を育てようというプロジェクトがあるようです。ブログならではの広がりが期待できそうな試みだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは美味い。
発泡酒では「北海道生搾り」が一番美味しいと思っていましたが、
このたび「雫」がマイランキング第1位になりました。
発泡酒が、すごいことになってきた。
Sizuku


| | コメント (0) | トラックバック (0)

隠し剣 鬼の爪

「隠し剣 鬼の爪」をみました。
藤沢周平でおなじみの海坂藩を舞台にした下級武士の物語です。
東北弁が温かく、身にしみます。

印象に残ったのは、
「戦うための剣術」を師匠(田中泯)から教わるシーン。
狭間の妻(高島礼子)が、夫を逃してやってくれと夜中に訪ねてくるシーン。
そして、謀反者の剣豪狭間(小澤征悦)との雨中での壮絶な決闘シーン。

権力に媚びず、正義を貫く下級武士の片桐(永瀬正敏)の生きざまがいい。
正々堂々とした武士の生き方が、時代の流れとともに輝きを失っていく中で、武士という身分を潔く捨て、ただ愛する人と平凡に暮らすことを選んだ男の話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開運の馬

今夜の「功名が辻」は、内助の功のエピソードとして紹介される、あの名場面でした。
原作の千代は、計算ずくで夫を操縦するしっかり者として描かれていますが、大河ドラマの千代(仲間由紀恵ちゃん)の演技には嫌味がなく、可愛らしさがあって好感がもてました。
千代の術中にはまったとも気づかず、十両を握りしめ、勢い込んで駿馬を買いにいく一豊(上川隆也)もどこかコミカルで憎めない殿様でしたね。
黄金十枚とは、今でいえばどれほどの金額なのでしょうか。1000万円くらいかな。
娘が嫁ぐとき「婿殿の大事のときに使え!」とポンと渡してみたいものです。(ウソ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重力ピエロ

オーデュボンの祈りにでてくる「桜」、アヒルと鴨のコインロッカーの「河崎」、ラッシュライフの「高橋」、そして重力ピエロの「春」。それぞれ謎めいていて、無機質で、美形男子で、なんとなく似ています。
各作品が、自分の力ではコントロールできない「何か」をテーマにしているように、重力ピエロではDNA(遺伝子)を取りあげています。
死期が迫りながらも、自分のこと以上に「春」のことを気にかける父親に、親子の血のつながりはありません。
遺伝子は自分では選ぶことはできないけれど、それは決して人生の与件ではないのだ!というエールが込められているようで、作品全体が暖かい眼差しに守られているかのようです。
レイプという重いテーマを扱っていますが、最後まで読んで救われたような気がしました。

重力ピエロ重力ピエロ
伊坂 幸太郎

新潮社 2003-04
売り上げランキング : 5,412
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノーヒットノーラン

球場でみたのはもちろん初めて。
プロ野球史上72人目というまさかの偉業に、驚きと喜びで満足度100%、きょう神宮に来れて本当によかったなあと思いましたよ。
ガトームソン投手、最初から最後まで最高のピッチングでしたね。感動をありがとう!

(球威抜群のガトームソン投手。ファーストはリグス選手。)

いつもと違って三塁側からの応援でしたが、息子が憧れる青木選手のバッティングがよく見えました。3盗塁の韋駄天ぶり、カッコよかったなあ。

(左バッター青木選手のバッティングフォームはこのアングルでしか撮れない。)

打撃好調のスワローズ打線を象徴するラロッカ選手のライナー性のホームランは、すごかった!。ラミレス選手のホームランは、まさに、ここぞ!という場面での頼れる四番の一振りでした。
楽天にしてみれば、初回のファールフライを捕れなかった守備が悔やまれます。一緒に観にいった先輩が、早々と「きょうのゲームの結果を分かつプレイになるだろう」と予言した言葉どおりになってしまいました。
楽天ファンである彼の心中を察するに忍びないのですが、バックネット裏で行われたヒーローインタビューでの彼の惜しみない拍手は、きっとガトームソン投手にも届いたことでしょう。

(ノーヒットノーランを達成したガトームソン投手、古田監督と)

ヤクルト6-0楽天で、スワローズは貯金1としました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

禁煙したい人に

チャンスかもしれません。
ニコチンパッチによる禁煙治療が6月から保険適用になるそうです。約2万円かかる費用が、保険適用で3割負担となって6千円程度で済むようになるとか。「やめるぞ!」という強い意志とともに、きっかけとしての大義名分も結構重要だったりするのではないでしょうか。
もっとも、タバコを吸わない人からすれば、不公平感があるかもしれませんね。
早いもので、自分自身はタバコをやめて2年半になります。
たまにタバコを吸っている夢は見ますが。。。
リンク: @nifty:NEWS@nifty:禁煙に強い味方、「ニコチンパッチ」が保険適用対象に(読売新聞).

| | コメント (0) | トラックバック (1)

タカの借りをワシに返す

日曜の夜は、延々と5時間超のゲームをテレビでみていました。
サヨナラの場面であと1本がでない延長戦にイライラ、にもかかわらず最終回は無死満塁まで猛追しての惜敗。
古田監督以外、ベンチ入りの野手は全員出場という異常事態に、ゲームをみていたファン以上に選手たちの疲れが心配されました。
ところが、そんな心配は杞憂でした。
きょうの楽天戦は、18安打の大爆発、先発の石川投手はリーグトップタイの6勝目。
勝率5割に復帰で、交流戦はふたたび首位に戻りました。

それにしても今年も交流戦は絶好調のスワローズ。
交流戦これまでのチーム打率.335、ホームラン25本、106得点は、他チームの追随を許さない圧倒的な打線です。

楽 天  000 003 001   4
ヤクルト 004 306 00X   13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魅せられて

求愛というより威嚇のような。

こどもの国でみかけた孔雀は、ジュディと呼ぼうと思ったけど雄だったようです。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

うわー虹が出てるよ。
えっ、どこどこ。
本当だ!きれーい。
4人そろってベランダから感嘆の声をあげていました。
暗雲が立ち込める嵐のような雨が過ぎ去ったあと、晴れ間に広がった自然のアート。
目の前で見たのは本当に久しぶりです。

060520niji
(横浜北部方面にて17時45分頃)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケータイでググる日が来るか

KDDIとGoogleの提携によって、au携帯電話からGoogleが使えるようになるそうです。
auのインターネットアクセスのポータル画面である「EZトップメニュー」の一番上にGoogleの検索ウィンドウが表示され、そこに単語を入力すればPCと同じように検索できるサービスが7月からスタートします。

絶妙なタイミングで、モバイルインターネット利用者がPCを初めて追い抜く―総務省という衝撃的なニュースもでていました。

“ケータイでググる”というネットライフは定着するのでしょうか。
パソコンのときは、ADSLの普及とプロバイダの定額料金制によって、パソコンを情報検索端末(いわゆる辞書代わり)として使う文化が一気に浸透、定着したように思えます。(いわゆる常時接続で終日PC電源をオンにしておく状態)

同じくケータイの場合も、(auの思惑どおり)パケット定額プランとあわせて浸透していくと思います。そこではWeb情報検索が主で、音声通話が従となるようなスタイリッシュな専用端末(ハードウェア)がいずれ普及していくのではないでしょうか。ケータイの小さい液晶画面にずらりと表示された検索結果を読むのは現実的ではないですよね。

「ケータイのYahoo!やGoogleをめざす」という動きは、ソフトバンクの孫さんも思い描いているようで、この手のサービスの登場は、インターネットの歴史上エポックメイキングな出来事になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラスホッパー

伊坂幸太郎らしいテンポのよさと、クールな書き口はいつもどおり。しかし、出てくるのは非合法な商売で儲ける企業や、人間を虫のように殺す非情な殺し屋たちです。

大都会に生息するヒトという生き物のことを伊坂幸太郎は次のように観察しています。
「人間ほど個体と個体が接近して生活する動物は珍しい。それは哺乳類じゃなくて、むしろ虫に近いかもしれない。」と。
トノサマバッタは密集した場所で育つと、やがて「群集相」という凶暴なタイプに変異するのだそうです。あちこち食い散らかし、共食いさえおこなう変異したトノサマバッタをモチーフにして殺し屋を描くという視点は、さすがとしかいいようがありません。大都会の雑踏のなかに、変異したトノサマバッタが潜んでいるようでゾッとさせられました。この本を読めば、地下鉄のホームに立つとき、背後に「押し屋」がいないか振り返ることになるでしょう。

個人的には優しさが感じられる他の伊坂作品のほうが好きです。「蝉」にも「鯨」にもあまり感情移入できなかったというのが率直な感想なのでした。

グラスホッパーグラスホッパー
伊坂 幸太郎

角川書店 2004-07-31
売り上げランキング : 13,725
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スワローズ5連勝\(^o^)/\(^o^)/

東京ヤクルト3-1東北楽天
フルスタ宮城で楽天を3タテにして5連勝。
きょうのヒーローは、8回表一死満塁から走者一掃の3塁打を放った宮出選手、えらいっ!
先発のガトームソン投手もよく投げましたね。
#53五十嵐投手は、連夜のストッパー仕事。
でも2アウト後、タイムリーを打たれ1点獲られて交代。いたた。
(少し単調だったようだが)ストレートで押した結果なら仕方ないか。四球じゃないので許そう。
そのあと高津投手がクローズして試合終了。
ようやく勝率5割復帰です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀色の雨

梅雨を思わせるような天気が続いています。
浅田次郎の「月のしずく」という短篇集に、「銀色の雨」という作品があったのを思い出しました。ヤクザに匿われた殺し屋、その世話役の学生、キャバレー勤めの恋人という奇妙な三角関係が描かれています。
降りしきる雨の描写から、彼らの心の動きが伝わってくるようです。

道頓堀のネオンが滲んでいる。和也は窓辺に身を乗り出して、降りしきる雨を見ていた。雨粒は銀色の縫い針のように輝きながら、寝静まった街路に吸い込まれて行く。

ネオンに照らし上げられた夜空を、銀色の雨が縫っていた。まるで映画のスクリーンに歩みこむように、岩井は外廊下に出た。

そして、「じきに夏が来るぜよ」という殺し屋の最後の言葉。
映画を観ているような気分になる「銀色の雨」には、松山千春が歌う「銀の雨」の雰囲気がよく似合うと思いました。
月のしずく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スワローズ4連勝\(^o^)/

東京ヤクルト6-1東北楽天
きょうも打線好調のスワローズ、今季初の4連勝です。
石川投手はリーグトップタイの5勝目。
9回ウラに五十嵐投手が三者凡退できちっとクローズしたのが一番嬉しい!
いよいよ借金=1、明日勝てば5割復帰だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

師弟対決、そしてあの名曲が

青葉繁れる美しい季節の仙台。
杜の都では、楽天野村VSヤクルト古田の師弟対決が行なわれました。
開幕前から楽しみにしていたカードですが、初戦はスワローズが辛くも逃げ切り、3連勝です。野村監督の教え子でもある石井一久投手が思わぬ乱調で、大味なゲームになってしまいました。地元(東北高校)出身の高井投手、打者一人たった3球での交代はちょっと残念。

ヤクルト 034 000 300       10
楽 天  010 600 002       9

仙台といえば、あの名曲がラップになって登場。オリジナルは初夏から七夕にかけて聞きたくなりますが、ラップになっても「時は巡り~♪また夏が来て~♪」の歌詞にはジンとくるものがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

念願のウサだっこ

GWの動物園は大混雑。
幼稚園の遠足は雨天のため中止。
娘にとっては、まさに三度目の正直でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正解はこれ

正解はこれ

できた!母の日に示した父の威厳。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オランウータンの気持ちになって考えた

そんな動物園があるのを知りました。
空を飛ぶように泳ぐペンギン、目の前に飛び込んでくるホッキョクグマ、空中散歩をするオランウータン。
お客さんの反応は「かわいい」ではなく、「カッコイイ」とか「スゴイ」という感動なんだとか。
その秘密は、それぞれの動物が、自分のもっている特異な能力を十分に発揮できるようにしたからだそうです。飼育係の人たちの手づくりのアイデアにも元気づけられました。
北海道にある旭山動物園(あさひやまどうぶつえん)、いつか行ってみたい。
思わず動物たちに会いたくなってしまう本でした。

「旭山動物園」革命―夢を実現した復活プロジェクト「旭山動物園」革命―夢を実現した復活プロジェクト
小菅 正夫

角川書店 2006-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓ここ数年に出かけた動物園のフラッシュバ~ック!

Dscf0219
多摩動物園(2001年4月)

Dscf0022
上野動物園(2003年8月)

Dscf2822
野毛山動物園(2005年9月)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

3連勝

3連勝

強いぞ!スワローズ@神宮

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2夜連続のラロッカショー

3回を終わってヤクルト0-6西武だったので今日はダメかも。
プロ野球速報で途中経過を知ったのですが、帰宅したらビックリ仰天。
ヤクルト11-6西武とスコアが裏返っていたとさ。
なんちゅー試合だ。

何が起こったかといえば、4回ウラに10安打11点の燕軍団の猛攻。
ラロッカはこの回に11号3ランと12号ソロの2本のホームランを打ったのでした。
1イニング2本塁打はプロ野球17人目の偉業だとか。スゴすぎる!
昨夜のすぽるとで古田監督が言っていたとおり、ラミレス、リグスも刺激されてホームランとは恐れ入りました。
気づけば2夜連続の二桁得点。
どうしちゃったの??? (^O^)/

西  武  402 000 011   8
ヤクルト 000 1111 10X   14

明日は松坂かな?得点を繰越できたらいいのに。。。

中日と楽天もがんばってるゾ。
どちらも9回2アウトから土壇場で同点に追いついたようです。
両ゲームとも、今まだ延長戦が続いてます。
交流戦が熱い!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年交流戦開幕

スワローズも初戦からすごい試合でした。
青木の満塁ホームランに、ラロッカの3打席連続本塁打。
楽勝かと思いきや、9回ウラには石井弘寿も投入して何とか逃げ切ったという感じ。
もっかパ・リーグ首位の西武に勝って幸先のよいスタートです。
今晩はスポーツニュースのはしごだな。
西  武  004 103 000   8
ヤクルト 061 030 00X  10

他球場では、、、
中日の岩瀬がまさかの4連打をあびて日本ハムに延長サヨナラ負け。
阪神は今岡の猛打賞でロッテに快勝。まずは昨年の日本シリーズの借りを返した。
チャンスに打線がつながる巨人は相変わらず強い。

というわけで2006年交流戦の順位予想
1位 ヤクルト
2位 阪神
3位 ソフトバンク
4位 日本ハム
5位 巨人
6位 西武

ちなみに昨年(2005年)の交流戦成績は以下のとおり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CD-ROMとCD-R

CD-ROMとCD-Rは違います。
同僚に「CD-ROM納品」と「CD-R納品」の違いを指摘されました。
たった1枚のディスクを納品するだけであれば、たしかに作成に手間とコストのかかるCD-ROMではなく、簡単に作成できるCD-Rにすべきです。

CD-R(Compact Disk Recordable)
読み出し、1度だけの書き込み(設定により追記も可能)ができるメディア。一旦書き込んだデータは消去できない。記録面には金色や青緑色の有機色素が塗布されており、CD-Rライターを使ってレーザー光で1枚1枚記録面を焼くことによってデータを記録する。

CD-ROM(Compact Disk Read Only Memory)
読み出しのみ可能なメディア。スタンパ(ガラスマスター)をつくり、プレスによって複製する。ユーザの手に届いた時点では一切の書き込みが行えない。音楽などのコンテンツやアプリケーションソフトなど、ほとんどのソフトウェアはCD-ROMの形で流通している。

CD-ROMとCD-Rを見分けるリテラシーという面白い記事をみつけました。似て非なるメディアの違いを知っていることが、詐欺に引っかからないことになるのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「半落ち」で締め括ったGW

最愛の妻を殺した男が自首するまでの「空白の2日間」。
そこに隠された真実とは。

ヒューマンドラマとして観るか、ミステリーとして観るかによって、この映画の評価は分かれると思います。
「その男が本当に犯人なのか?、真犯人が他にいるのでは?」のように、殺人事件の全容解明という見方をするならば、たしかにあっけない終わり方かもしれません。この点は、多くの人がコメントしているように、「半落ち」という警察用語を持ち出したことで、かえって本作品のテーマを曖昧にしているような気がしました。

しかし、犯人と向き合う刑事、検察、弁護士、判事、マスコミ記者らを演じる役者さんたちの迫真の演技がこれを上回っていると思いました。それぞれの立場、境遇を背負った人々の思いや感情が痛いように伝わってきます。「判事が法廷でそんなこと言うか?」とか、リアリティのないストーリーでありながら、気がつけば法廷に立つ被告人の男(寺尾聰)の姿に目頭が熱くなりました。
原作はもっといいのかな?

半落ち【はんおち】:警察用語。容疑者が容疑を一部自供するも完全に自供してはいない状態を指す。(映画「半落ち」公式サイトより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定番中の定番?

GW(しかも子どもの日)に上野動物園へ。
「公園口改札は出るだけで20~30分かかります」
まずJR上野駅で信じがたいアナウンスを聞きました。
大混雑のなか、お約束どおり肩車をしながらパンダ舎の前を通過し、薄暗い檻の中をこそこそと動くアイアイに童謡とのギャップを感じ、水に潜ったまま岩のように動かないカバの背中を観察し、おもむろにシートを広げてお弁当を広げるスペースを確保し、ウサギが「ごめんね」と謝っている看板で、ウサギさんを抱っこできない理由を娘に説明しました。かき氷はこんなに美味いものだったか!と思ったのも久しぶりです。
少しまえまでの日本のGWの縮図をみたような気がします。(自分たちの親も大変だったんだろうなと。)
もしかしたら、自虐的な雰囲気があるからこそ楽しいのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スワローズ完敗

せっかく応援にいったのに残念。
スワローズ完敗で、佐々岡に通算100勝目を献上。
これで5位に転落ですか。トホホ。。。
ゴンザレスは粘りの投球が報われず、負けがついてしまって気の毒でした。
盛り上がれるチャンスも少なく、燕ファンとしては、すごくストレスの溜まるゲームでした。

広 島  001 000 300  4
ヤクルト 000 000 000  0

060504

7回表、無死満塁でのサードゴロの判定をめぐって、古田監督が抗議。
はっきりいって、プロの審判がミスジャッジするほどのプレーじゃなかった気がします。
当然、本塁フォースアウトを狙う場面だから、岩村も三塁ベースを踏んだのなら、キャッチャーにタッグプレーの指示をすべきだったでしょう。
このあと結局、広島の3点目が確定、さらにヒットで加点されて一気にしらけたムードが漂いました。

明日からはジャイアンツ戦、気分を入れ替えてがんばってちょうだい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川中島合戦

まだ小学生だった頃、父の転勤で山形県米沢市に住んでいた時期がありました。
そういえばGWには近所の松が岬公園で「上杉まつり」をやっていたなあと懐かしく思いました。

(実家の床の間に飾ってある米沢の伝統工芸品「お鷹ぽっぽ」)

ところで、川中島合戦は全国各地で再現しているのだろうか。
2月に職場旅行でいった石和温泉(山梨県)でも、たしか川中島合戦の参加者を募集していたような気がします。
リンク: @nifty:NEWS@nifty:謙信と信玄の川中島合戦、「米沢上杉まつり」で再現(読売新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地下鉄に乗って

地下鉄に乗ってタイムスリップする主人公。
過去に溯りながら、徐々に明らかになっていく父の意外な過去。
地下鉄の階段を上った出口に広がる世界は、飢えと貧困にある戦後の闇市であり、アールヌーボーに象徴される平和な銀座の街並みでした。そんな昭和という時代を、体をはって必死に生きていたアムールやお時が、まさか自分の人生に関わっていようとは。。。
「ねえ旦那、その尋ね人って、恨みのある人ですかい、恩のある人ですかい」
父を探していて、アムールが何気なく聞いてきたこの問いには、実は深い洞察があったのですね。

時間旅行によって、過去のからくりのすべてを知った主人公が、たった一人、現実に引き戻されるシーンには胸を締めつけられるような思いがしました。過去のうえに現在がある、親のおかげで自分がいるという事実にホロリとさせられ、しっかり生きなくてはという余韻がジワりと効いてくるのは、同じく昭和時代へのタイムスリップを描いた宮部みゆきの蒲生邸事件にも通じるものがあるような気がします。
評判どおりの、思わず涙がこぼれ落ちる感動の浅田ワールド、だと思います。

追記.
この作品も映画化されるようですね。
主演は堤真一、大沢たかお、2006年11月公開予定とか。

地下鉄(メトロ)に乗って地下鉄(メトロ)に乗って
浅田 次郎

講談社 1999-12
売り上げランキング : 12,276
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ふたたびチーパオ

前回に続いて、こんどは青いのが当たりました。

(中国宮廷料理フィギュアコレクション #11服務小姐・青<<給仕の女性>>)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »