« スワローズ4連勝\(^o^)/ | トップページ | スワローズ5連勝\(^o^)/\(^o^)/ »

銀色の雨

梅雨を思わせるような天気が続いています。
浅田次郎の「月のしずく」という短篇集に、「銀色の雨」という作品があったのを思い出しました。ヤクザに匿われた殺し屋、その世話役の学生、キャバレー勤めの恋人という奇妙な三角関係が描かれています。
降りしきる雨の描写から、彼らの心の動きが伝わってくるようです。

道頓堀のネオンが滲んでいる。和也は窓辺に身を乗り出して、降りしきる雨を見ていた。雨粒は銀色の縫い針のように輝きながら、寝静まった街路に吸い込まれて行く。

ネオンに照らし上げられた夜空を、銀色の雨が縫っていた。まるで映画のスクリーンに歩みこむように、岩井は外廊下に出た。

そして、「じきに夏が来るぜよ」という殺し屋の最後の言葉。
映画を観ているような気分になる「銀色の雨」には、松山千春が歌う「銀の雨」の雰囲気がよく似合うと思いました。
月のしずく

|

« スワローズ4連勝\(^o^)/ | トップページ | スワローズ5連勝\(^o^)/\(^o^)/ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/10120477

この記事へのトラックバック一覧です: 銀色の雨:

« スワローズ4連勝\(^o^)/ | トップページ | スワローズ5連勝\(^o^)/\(^o^)/ »