« 侍ブルー | トップページ | 幻のホームラン »

ロード・オブ・ウォー

戦場で武器を売り歩く武器商人(ニコラス・ケイジ)の話。ドキュメンタリーのように描かれています。

先進国による武器輸出の現実や、アフリカの途上国の惨状は大変ショッキングなものでした。逆に淡々としている分だけアンドリュー・ニコル監督の反戦メッセージが強く伝わってくるようです。

「戦争による犠牲者の9割は、核兵器ではなく銃で殺されている」が世界の現実なのだとハッとさせられます。また、国連常任理事国(米・中・英・仏・露の5ヶ国="熱っちい風呂"の語呂合わせ)が、武器輸出国としてもベスト5だったとは知りませんでした。

私たちが、あたりまえのように享受している平和について考えさせられます。

ロード・オブ・ウォー

|

« 侍ブルー | トップページ | 幻のホームラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/10469992

この記事へのトラックバック一覧です: ロード・オブ・ウォー:

« 侍ブルー | トップページ | 幻のホームラン »