« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

来れ!TOKYOオリンピック

2016年夏季オリンピックの国内立候補都市に東京都が決まりましたね。

日本の夏季オリンピック招致は、1988年の名古屋、2008年の大阪と2連敗中なので、「3度目の正直だ」と期待も大きいようです。

もしも2016年TOKYOオリンピックが実現した暁には、野球をオリンピックの正式種目に戻してほしい。ついでに神宮球場を世界一のボールパーク(天然芝)に大改修してほしい。

とはいえ、開催地が決まるのは2009年10月。まだ3年も先の話なんですね。その時もまだこのブログは続いているのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

線香花火

もう夏も終わりかという気がします。
Senko_hanabi


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベースボールと野球の違い

メジャーリーグと日本のプロ野球、どちらが常識とはいえないでしょう。
しかし、「超常識のメジャーリーグ論」を読むと、文化の違いにともなう野球とベースボールの違いが垣間見え、興味深かったです。

たとえば、大差のついたゲームで、勝っているチームが攻撃の手を緩めないことは、「死者にムチ打つ行為」としてメジャーリーグでは許されないのだとか。ルールブックには書いていないこの暗黙の掟のおかけで、当時メッツにいた新庄選手が、デッドボールによる報復を受けたというエピソードが象徴的でした。

メッツ対マリーンズ戦でのこと、11-3で迎えた8回の打席、新庄選手はカウント0-3からのストレートを強振(空振り)、明らかに一発狙いだとわかるスイングが相手の怒りを買ったのです。日本のプロ野球であれば、観客がどよめくことはあれど、相手チームの怒りを買ったり、ましてや報復球を受けるなどありえないでしょう。
実はこの報復、開幕戦で初ホーマーを放った新庄選手が、ホームインの時に手でホームベースを払ったことが伏線だったといいます。挑発行為として「俺たちをナメやがって!」と受け取られてしまったのです。

言葉以外のジェスチャーやしぐさが、意味をもった記号として共有されているところに、人種の坩堝であり、異質を前提とするメジャーリーグの生い立ちを感じさせられます。

超常識のメジャーリーグ論

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボギー大佐を聞きながら

きょうは少年野球の秋季大会の開会式がありました。
神奈川の高校野球の予選でも使われる保土ヶ谷球場です。

メジャーリーグの球場も、最近では人工芝から天然芝へ回帰しているようですが、
足の裏に感じる天然芝の感触、青々とした匂いは、やはり気持ちよかったです。

「サル、ゴリラ、チンパンジー~♪」でおなじみの「ボギー大佐」の演奏をはじめ、180チーム強の入場行進を盛り上げてくれたのは、消防局音楽隊によるブラスバンド演奏。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pluto(プルート)

義務教育で習った語呂合わせでしか縁のない冥王星。
これからは、水金地火木土天海。
「決め」の問題とはいえ、読み上げたときに感じるこの空白感は何だろう。
NASAが2006年1月に打ち上げた無人探査機が、冥王星に到着するのは2015年だそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怒りは敵と思え

徳川家康の言葉。
「腹を立てれば身を滅ぼす。怒りは敵であると思って慎ましく過ごせ。」
という意味です。
苦労人の家康らしい格言ですね。

通りがかりの神社の前に貼ってありました。
8月の「生命の言葉」だそうです。

「人をみたら敵と思え」という風潮のなかで、
自己の内面に目を向けているところに、言葉の重みを感じます。
楽天野村監督の「敵は我に在り」を思い出します。

Ikarihateki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝マックで「食の安全」について考える

マック(マクドナルド)に寄ると、どうも食の安全について考えさせられます。

今日は久々の朝マックでしたが、トレーに敷かれた紙には、円グラフに似せたビーフパティに100%と書いてありました。ようするにマックのパティ=無添加ビーフ100%=安全という宣伝です。

昨夜の「ガイアの夜明け」では、ロイヤルホストによる地産地消のメニュー開発の試みが紹介されていました。茨城の店舗をモデルケースにして、地元の農家から新鮮な野菜を仕入れ、新メニューをつくろうというものでした。これも目的は消費者への「食の安全」の訴求。

たしか、以前フードマイレージについてブログを書いたっけと思い、探してみたらなんと2年前。しかも、そのときも朝マックだった。
なんとも奇遇な感じがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早実 歓喜の凱旋

報道ステーションでは、異例とも思える30分以上の特集。
あれだけの熱闘を繰り広げたのだから当然といえば当然なのですが、それにしても盛り上がり方が尋常ではなかった。

注目はやはり早実の斎藤投手。
ただし、アイドルに向けられた「かわいい」「かっこいい」といった次元の歓声ではなかったですね。仲間、家族、そして関係者への感謝の気持ちを臆することなく語る姿には、大人を嫉妬させるような「凄み」すら感じられました。個人的な希望をいえば、キャッチャーの白川君の活躍にも光を当ててほしかったと思います。

斎藤投手の渾身のストレートを、思い切り空振りした駒苫の最後のバッター田中投手。運命の巡り合わせかとしか思えない名シーンです。何度もリプレイされましたが、「悔いはない」と笑顔で語る彼もかっこよかった。間違いなくプロから指名を受けることでしょう。

「自分らが高校生だったころ、ここまで真剣に何かに打ち込んだだろうか?」
古館さんのコメントを、少しの悔いと羨ましさを感じながら聞いていました。
飲みほした缶ビールは、いつもよりほろ苦かった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

早稲田実 初優勝おめでとう

ふたたびの決勝戦も、すばらしい試合でした。
クールな豪腕、勝った早実の斎藤投手が泣き、負けても全力を出し切ったという田中投手が笑顔だったのが好対照で、すがすがしかった。
感動をありがとう、高校野球。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セミの一生

8月の夏休みを終え、少年野球のいつもの週末練習が復活。
いつも練習している公園のグラウンドには、けやきの木が青々と茂っており、
地面には無数の蝉の穴があいていました。

「セミは土のなかで6年間暮らして、穴からでてきたら2週間の命しかないんだよ」
得意げに教えてくれた小学校低学年の選手。
「じゃあ、君らが赤ちゃんだった頃からセミは土の中にいたんだ?」
と聞いてみたら、「そっか、そうだね」と感心してました。

ユニフォームを着ると凛々しく見える子供たちですが、
まだまだ小学生なんだよね、と我に返る瞬間、結構多いような気がします。
われわれも、野球を通じて彼らと一緒に成長していきたいものです。

それにしても暑い一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演繹法

暑い日はビールが美味い
今日はとても暑い
だから今日はとてもビールが美味い
Eyes0565

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジナマ観戦

BS日テレのデジナマ。
巨人戦ナイターのハイライトを22時から1時間ダイジェストで放映しています。
日テレのナイターが延長なしだったのですが、おかげでさまで9回表のスワローズ猛攻がみれました。終わってみれば巨人2-11ヤクルトでしたが、岩村選手×2本、リグス選手×2本のホームランもカットされることなく放映されました。現実を直視した日テレの編集に好感度UP。デジタルだからきれいだし。

岩村選手 第24号ホームラン
ジャイアンツ先発西村投手から、東京ドームの3階席まで飛んだ特大アーチ。
060816iwamura_hr24

岩村選手 第25号ホームラン
こんどはバックスクリーンへ。大きなフォロースルーが美しい。これで8月10本目のHR。止まらないHa~Ha
060816iwamura_hr25

リグス選手 第26号ホームラン
060816riggs_hr26

リグス選手 第27号ホームラン
060816riggs_hr27

必殺仕事人 杉浦亨氏(元ヤクルトスワローズ)による打撃指導
060816sugiura
凡打を重ねる巨人鈴木選手(右打席)へのアドバイスに、巨人OBの宮本氏も感動してました。「間が抜けちゃってる、速い球をゆっくり打つ練習をしなさい!」とのこと。
なかなか楽しい番組です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公約は守られたが・・・

靖国参拝に関しては、各国が首相の行動を批判するのは自由ですし、
国内でも、いろいろな立場の人がいて、意見が分れるのは当然だと思います。

3つの批判への小泉さんの会見について

「中国、韓国の言いなりにはならない」
意思はわかります。賛同する部分もあります。とはいえ、意固地になるだけではなく、誤解が生じているからには(たとえ外交問題に使うための意図的な誤解だとしても)、各国への説明責任を小泉さん自身に果たしてもらいたい。そして、(もう無理かもしれませんが)特に中韓両国には、理解してもらえるような努力、働きかけを惜しまないでほしいです。

「A級戦犯のために参拝しているのではない」
彼の本心だと思いますし、祖国のために戦場に赴き、亡くなった人たちへ哀悼、敬意、感謝の気持ちを捧げるのは当然だと思います。

「参拝は小泉の心の問題であって、政教分離には違反しない」
法律に触れるかどうかという議論はさておき、口では参拝を首相個人の心の問題と断言するわりに、あまりにも政治を意識した小泉さんの行動が問題なのでは。

きょうの小泉首相の参拝について解せない点もここにあります。
それは、公約を果たすなら、なぜもっと早い時期に8月15日に参拝に行かなかったのか、ということ。
批判されようがされまいが、”8月15日に”参拝するという不退転の決意があっての5年前の公約ではなかったのか?「いつ行っても批判されるなら、大切な日に参拝する」というコメントこそ、軽々しい帳尻合わせの理屈にしか聞こえず、無責任で恰好がよくなかったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

停電

今朝の停電には驚きました。東京、神奈川、千葉の約139万世帯にも及んだようです。
わが家(マンション)でも、ぷっつりと照明が消え、扇風機が止まり、でも一番焦っていたのは冷蔵庫が止まったことでした。
ベランダにでてみると、隣のマンション棟でオロオロと外の様子を伺う人たちが見えました(向こうから見れば、こちらもオロオロしているに違いない)。エレベータも止まったらしく、気の毒に階段を登っている人もいました。

土曜日の昼過ぎに、ものすごい雷雨があって、数分間(もしかしたら数十秒か)瞬間停電があったので、その影響かなと思っていたのですが、クレーン船が送電線に接触したのが原因とは意外でした。

幸い、わが家は少し経って復旧したので、影響はほとんどありませんでした。ただし、停電して情報収集手段が全くなくなったのは反省。ダイナモ式か電池式のラジオは必需品だと思いました。きっと"停電特需"の恩恵をうける家電量販店やメーカーもあるんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

憲法九条を世界遺産に

書店の新刊コーナーにでていたのを即買い。
どこかで見かけたタイトルだなあと気になって、家で雑誌をひっくり返してみたらアエラでした。(正確にはAERA2005.5.2-9号)

日本国憲法は「突然変異」の憲法である。突然進化した理想的な憲法(あえて「押しつけられた」とは表現せず)を、うまく通用させたのが日本のすごいところだ。「軍隊で領土を守る」ことが世界の常識とされるなか、日本がいっぷう変わった国(平和を守るのは必ずしも軍事力だけでない)であるための理由が憲法9条である。だから、世界遺産にでも指定して固めてしまえ。

読み返したら、こんなことが書かれていました。
ちょうど自衛隊のイラク派遣によって、改憲ムードが高まっていた頃です。

なんといっても「世界遺産」という表現が鮮烈です。これで記憶に残っていたのでしょう。
対談相手の中沢新一氏に、「憲法九条を世界遺産にしよう」という表現自体、もはや芸術だ!と言わしめた爆笑問題の太田さんの本です。
明日の通勤電車が楽しみ。

憲法九条を世界遺産に

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GUNちゃん、2打席連続弾

12日の横浜ベースターズ戦は、岩村選手の2打席連続ホームラン。
このまま2-0で逃げ切りスワローズ快勝!

初回のライトスタンドへのライナー性の当りは会心の一振り。打球が速過ぎて、途中でボールを見失ったほどでした。
驚いたのは2本目。左方向への打球がぐんぐん伸びて気がつけばレフトスタンドへ。
ヒーローインタビューで本人いわく、「あっち向いてホイ打法」なんだそうです。
これで岩村選手は8月に入って8本目のホームランになります。
Iwamura060812_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなタイガー○スクはリングを降りろ

「どう見ても正体が曙だ。」
その名はボノ・タイガーというらしい。
先日Yahooプロ野球をみていたら、横にあった新着記事で発見。

着想のオリジナルは鉄拳か?

「どう見ても正体がジャイアント馬場だ。」
鉄拳作品集「こんな○○は××だ!」(扶桑社)P15より


| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜ぜみ

寝苦しさや 闇に響く 蝉の声

冷房入れたまま寝るのも体に悪そう。
涼風でも吹いてくれば、網戸にしている甲斐がありそうなもの。
しかし、聞こえてくるのは「夜ぜみ」の鳴き声。
「まくら」にしみ入るのは、汗だけか。
果たして、どちらが体によいのやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら!マリア

台風7号のMARIA(マリア)が、通り過ぎていったようです。
昼食で外に出たときは、大変などしゃぶり雨だったのが、午後からは晴れ間もでていたようです。

昨日の神宮でのヤクルトvs巨人戦は、早々と台風接近のため中止決定。
しかし、これなら野球できたんじゃないの、というほど静かな夜でした。
これで調子が狂ったスワローズ、きょうも負けて3連敗。。。

台風といえば、台風前線という面白いサイトをみつけました。
動く台風にむかって各地からトラックバックを送信できるようです。
地図上に描かれた台風の軌跡上に、送信されてきたトラックバック情報が次々と増えていく様子がわかります。
トラックバックする際、送信者が位置情報を指定するため、時間情報と地理情報を、台風の動きに重ね合わせて可視化することができるようです。
こういうのを、まさにWeb2.0と呼ぶのでしょうね。

静かに去っていったマリアにトラックバックを送ってみました。
マリア>> 振り向かなくていいからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立秋

暑い日が続きますが、暦の上では秋になりました。
これから手紙を出すなら「残暑見舞い」ですね。

(祖父撮影 「蓮の花」)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スウィングガールズ

先日、フジテレビで夏休み特別企画の映画をやっていました。
ウォーターボーイズと2本立てでしたが、個人的には断然こちらが面白かった。
子どもとゲラゲラ笑いながらみていました。
頻繁にでてきた「・・・ず~」という方言、ロケ地が山形県米沢市だったのですね。納得。
こんなに大らかな青春時代を過ごせたら幸せだろうな。
スウィングガールズ スタンダード・エディション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南南西に進路をとれ

1日目 海を一望できる露天風呂
060804_1758

2日目 おもしろ自転車
060805_1318

3日目 静かな湖畔でエサまき
060806_1128

帰路 これは美味い!金目塩焼き弁当
060806_1324

楽しい家族旅行でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の日の1993

懐かしい曲が流れているなあ
と思ったらカバーでした。

オリジナルはclassが歌っていましたが、
rockwell(ロックウェル)という若手バンドが
最近「夏の日の2006」としてリリースしたようです。

新人だった頃、カラオケでよく歌ったなあ。
今思えば、口ずさむのが気恥ずかしいバブリーな歌詞。

たしか、ちょうどバブルがはじけた頃のはずですが、
独身貴族を謳歌していた時期だけに、
メロディーは思い出とともに残るのだなあと、
つくづく・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭寒足熱

夏風邪が流行っているようです。
健康法として、頭は涼しく足元は暖かくしておくのが良いみたいです。
特に寝るときに注意しましょう。
あとは、しっかり睡眠、しっかり食事ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆城ヶ崎海岸

吊橋の下は、まるでクリームソーダのよう。
ちょうど2年前です。
(2004年7月31日伊豆城ヶ崎海岸にて)
Dscf1477


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »