« デュエリスト(決闘者) | トップページ | バートン・フィンク »

国旗国歌

新聞の見出しだけをみると、国旗掲揚や国歌斉唱が全否定されたような印象があります。しかし、21日の東京地裁の判決主旨は、あくまでも
「処分をしてまで国旗や国歌を強制するのは行き過ぎだ」
ということですね。

一方で、判決は、
「国旗を掲げ、国歌を斉唱することは有意義なことである」
「国旗・国歌に対する正しい認識を持たせ、尊重する態度を育てることは重要」
と明言しています。

国際社会のなかで、日の丸を知らない日本人や、君が代を歌えない日本人が信頼されるでしょうか。
日本の将来を担う子どもたちに「公教育」として日の丸や君が代を教えることは義務であると感じます。

合憲か違憲かという議論が先行している様子について、小泉首相は
「国旗や国歌に敬意を表するというのは、法律以前の問題だ」
とコメントしていました。共感します。

自分の国に誇りを持ち、その国旗と国歌に敬意を払うという態度が、わが国でも常識になってほしいものです。

|

« デュエリスト(決闘者) | トップページ | バートン・フィンク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/11992681

この記事へのトラックバック一覧です: 国旗国歌:

« デュエリスト(決闘者) | トップページ | バートン・フィンク »