« 金木犀の咲く道を・・・ | トップページ | 十五夜 »

静かで熱い野球論

スワローズのオフィシャルマガジンOndo#16にて、木田優夫投手のインタビューが載っていました。
Kida41

フォームを変えようという意識で変えたわけではないんです。キャンプの時に、スポーツ選手として、どういう体の使い方がいいか、どうすればスムーズな動きができるかを突き詰めていったら自然と今のフォームになったんです。コントロールをよくしようとか、スピードをアップをしようとかいう考え方ではなく、体の動きの"質"を変えていかなければいけないと考えていって、結果として今のフォームになったという話なんです。
ベテランらしい含蓄のある言葉です。

野球のピッチングフォームについて、「メジャーリーグのバッティング技術」という本を読んでいたら、「腕を後ろに引いてから前に出すのではなく、体の重心移動によって後ろに残された腕がバネを戻すように自然に前にでてくる」というようなコラムがあって、なるほど!と思ったばかりでした。

体のメカニズムにしたがった基本動作(物理運動)という点では、手塚一志氏の提唱する「うねり打法」などにも通じるものを感じます。理に適った体の使い方、すなわち「コツ」ということなのでしょう。

|

« 金木犀の咲く道を・・・ | トップページ | 十五夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/12153374

この記事へのトラックバック一覧です: 静かで熱い野球論:

« 金木犀の咲く道を・・・ | トップページ | 十五夜 »