« 岩村選手はデビルレイズ | トップページ | 造形まつり »

エンジョイ・ベースボール

ここ最近、米メジャーリーグがヒートアップしていますが、
本場アメリカ流ベースボールのいいところを実感できる本です。

エンジョイ・ベースボール―慶應義塾高校野球部の挑戦エンジョイ・ベースボール―慶應義塾高校野球部の挑戦
上田 誠

日本放送出版協会 2006-05
売り上げランキング : 56057
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

指導者の役目は「孫の代まで野球を好きにさせること」と言い切る著者の情熱に感服。
自主練習が重視されるということは、ある意味ではとても厳しいことだと感じます。

自分で決めた練習をやりきったときの達成感と、自分の力がついたという事実は、選手をとても大きくします。この喜びこそが、"エンジョイ・ベースボール"の意味なのだと私は思っています。(P144)
監督の言うなりになるのではなく、プレーヤー個人個人が自分で考え、自分で決断できる。それができて初めて試合を楽しむことができるのです。(P178)
上田監督のこのような野球観に、慶応義塾高校野球部が実践するエンジョイ・ベースボールの原点があるように思えました。

|

« 岩村選手はデビルレイズ | トップページ | 造形まつり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/12725581

この記事へのトラックバック一覧です: エンジョイ・ベースボール:

« 岩村選手はデビルレイズ | トップページ | 造形まつり »