« 書初め | トップページ | 海辺でキャッチボール »

ファイブ・ツール(5Tools)

優れたベースボール・プレーヤーのことを、日本では走攻守の三拍子揃った選手といいますが、米国では「ファイブ・ツール・プレーヤー」というのだそうです。
この5つのツール(武器)とは、打撃、パワー、走力、守備範囲、肩の強さです。

|

« 書初め | トップページ | 海辺でキャッチボール »

コメント

あけましておめでとうございます
日本での走攻守は

走=走塁
攻=打撃
守=守備

と認識しておりましたが合っていますでしょうか?
とするとアメリカのファイブ・ツールを日本の走攻守にあてはめると

日本     アメリカ
走=走塁・・・走力
攻=打撃・・・打撃、パワー
守=守備・・・守備範囲、肩の強さ

となるのでしょうか?
印象としては、日本はコンピテンシー的な記述で、アメリカは構成要素としてのスキル的な記述みたいな感じがしました。なんとなくですが、日本の方がロジカルな分類に思えます。

投稿: あき | 2007/01/04 13:58

あけましておめでとうございます。
新年初コメントありがとうございました。
5Toolsとは、原語では
Average、Power、Speed、Fielding、Throwing
のようです。欧米かっ!

日本でいう「走」は走るスピードや動きの速さのこと、「攻」にはアベレージとしての安打力とパワーとしての長打力が含まれ、「守」には捕球と送球が含まれるようです。
序破急、守破離、真善美・・・etc
日本だと「3」の方が落ち着きがいいのでしょうかね。

投稿: cozy | 2007/01/07 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/13325135

この記事へのトラックバック一覧です: ファイブ・ツール(5Tools):

« 書初め | トップページ | 海辺でキャッチボール »