« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

40000アクセス達成

ブログを開設してから40000アクセスを超えました。
来ていただいた皆様、ありがとうございます。
記事数:905
コメント数:180
トラックバック数:242
となっていました。
これからも細々と続けていけたらと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本まぐろ

横浜あざみ野にある回転寿司「タフ」は、わが家のお気に入り。
何しろ種類が多いことと、安くてネタがいい。
ここの「本まぐろ(インドまぐろ)」は本当に旨かった。しかも1皿265円。

ところで、まぐろにはいろいろと種類があって、分類のしかたが難しそう。
このお店だけでも
・びんちょう(136円皿)
・まぐろ(168円皿)
・本まぐろ赤身(インドまぐろ)(265円皿)
・中とろ(本まぐろ)(450円皿)
・大とろ(本まぐろ)(630円皿)
というラインナップがあり、
本まぐろ=インドまぐろなのか? カレーとインドカレーのような関係か?
まぐろと本まぐろは何が違うのか? 本厚木と厚木のような違いなのか?
などの疑問がわきます。

マグロをMECEに(モレなくダブリなく)分類するとどうなるのか?
こういうときこそ、「それはこうですよ」と、模範解答なんかがトラックバックやコメントでつくと嬉しいが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ハンバーガーを待つ3分間の値段

ゲームクリエーターの発想に脱帽。
この本に出てくる数十枚の写真は、人気ゲームソフトの開発者である著者が、日頃持ち歩いているデジカメで撮ったもの。
どれも、ごくありふれた日常の風景です。

しかし、その風景を見つめる著者の視点は、凡人には思いもつかない切り口。
「俺の立場が無視されてるじゃねぇか!」と憤慨したときにシャッターを押したのだそうです(笑)

アフォーダンス(Affordance)という言葉があります。
たとえば、ダイヤルは回すもの、ドアノブは引くもの、スイッチは押すもの・・・etc
のように、マニュアルを読まなくても直感的に操作できるデザインの製品を「アフォーダンスを積極的に採用している」などいうようです。

著者の視点には、アフォーダンスの発想が随所に感じられます。それだけ、徹底してゲームのプレイヤーやユーザーの視点で世の中を見ているということですかね。人気ゲームソフト「シーマン」のことを、「ゲーム」ではなく「ペット」だと言い切る発想なんかもそうですね。

音声認識技術で苦労していたとき、コペルニクス的アイデアで危機をのりこえた開発エピソードは、鳥肌が立ちます。マーケティングをやっている人や、企画の仕事にたずさわる人、必読でしょう。(本人は、これを「問題のすげかえ」と呼んでいるが)

「本当のサービスとは客に選択肢を与えること」 というマクドナルドでの経験から得られた著者の結論にも共感。通勤途中で読みきれる面白エッセイです。

「ハンバーガーを待つ3分間」の値段―企画を見つける着眼術 (幻冬舎文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

審判はどの塁が一番難しいか

少年野球の審判講習会に参加してきました。
個人的には、球審→2塁塁審→1塁塁審→3塁塁審の順に難しいと感じました。

続きを読む "審判はどの塁が一番難しいか"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

お年玉年賀はがき

当選番号チェックサイトが便利。
下2桁を入力すると、判別してくれます。
いきなり「大当たり」と出たのですが、よくみると3等賞(切手シート)でした。
当せん確率は、1等(ハワイ旅行、ノートパソコン等)が100万本に2本。2等(特産品小包)は1万本に4本だそうです。わが家では3等賞が6枚当たっただけでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WE法

今国会でのWE(ホワイトカラー・エグゼンプション)法案の提出が見送りになりました。
そもそも、このホワイトカラー・エグゼンプション制という代物は・・・

続きを読む "WE法"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

地・水・火・風・空

すべては実戦のため。宮本武蔵の五輪書は、敵に勝つための武士道です。

続きを読む "地・水・火・風・空"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コガネムシ

久々にジャーニーを聴きました
気持ちのいいメロディアス・ロックです。
ジェネレーションズ
ジャーニー
B000A1EDW0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビのすごい影響力

「あるある」効果で納豆が品薄。
納豆メーカーが全国紙に謝罪広告を載せるという異例の事態になっています。
070111

一方、ハンカチ王子を笑いのネタにした「めちゃいけ」が高野連から抗議され、「紅白歌合戦」での失態でDJ OZMAがNHKに謝罪しています。

いずれも、テレビの影響力を思い知らされる事件でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

食べてヤセる!

前回のあるある大辞典で放送された納豆ダイエットを実践中。

1.毎日2パック食べる
2.朝と晩に食べる
3.よく混ぜて20分おいてから食べる

これで2週間続ければ2~3キロ痩せられるようだ。これなら全然楽勝。
さらに、ふだん納豆を食べ慣れている人の方が効くみたいです。
ダイエットよりも若返り効果に期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファイナル・カット

脳に埋め込まれたマイクロ・チップ(ゾーイ)に、人の一生が記録されるというアイデアが面白かったです。

主演のロビン・ウィリアムズは、故人の追悼上映会のためにメモリアル映像をつくる編集者。その実態は、人生の醜い記憶をカットし、美しい記憶をつぎあわせるという仕事。オーサリング・ツールは「ギロチン」と呼ばれます。無表情で淡々と仕事をこなすロビンの姿は怖い。

技術革新によってさまざまな記録メディアが登場しようとも、記憶は自分の心の中だけにとどめておくのが幸せなのでは、と思ってしまいます。

ファイナル・カット [DVD]
ファイナル・カット [DVD]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13名の外国人

相撲界を席巻しているのは13名の外国人力士たち。
幕内力士42名のうち、実に3割に達しています。

続きを読む "13名の外国人"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節限定酒

「花の舞」の季節限定酒。
純米ながら切れ味の鋭い辛口です。
思えば昨年も純米吟醸「花の舞」を買っていました。
蔵元封緘之証という「ものものしさ」が嬉しい。
070107

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の七草

せり、なずな、ごぎょう、はこべ、すずな(かぶ)、すずしろ(だいこん)、ほとけのざ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海辺でキャッチボール


素足が気持ちいい。結構いい運動になります@由比が浜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファイブ・ツール(5Tools)

優れたベースボール・プレーヤーのことを、日本では走攻守の三拍子揃った選手といいますが、米国では「ファイブ・ツール・プレーヤー」というのだそうです。
この5つのツール(武器)とは、打撃、パワー、走力、守備範囲、肩の強さです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

書初め


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年明けましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

写真は実家近くの磯良神社(宮城県色麻町 2006年10月)
カッパ伝説ゆかりの神社です。約1200年前、征夷大将軍であった坂上田村麻呂が、激流をカッパのように泳いで敵陣の様子を知らせた家来の功績をたたえたのが起源だそうです。
地元では初詣で賑わっているはずです。

故郷の両親に電話をしたら、今年は雪がないとのこと。昨年はかまくらをつくれるほど積もったのですが暖冬のようです。そういえば昨年は人生ゲームM&A編もやったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »