« お年玉年賀はがき | トップページ | ハンバーガーを待つ3分間の値段 »

審判はどの塁が一番難しいか

少年野球の審判講習会に参加してきました。
個人的には、球審→2塁塁審→1塁塁審→3塁塁審の順に難しいと感じました。

4人制の場合も、カバーの基本はクロックワイズ(時計回り)です。3人制と比べれば、比較的責任範囲がはっきりしていると感じます。

しかし、走者がスコアリングポジションにいるときは、球審は基本的に「ステイ」になることから、2塁塁審が3塁カバーをしなければなりません。また、レフトからライトのあいだに飛んだ打球を追うのも2塁塁審の仕事です。

逆に、3塁塁審の動きは思ったより簡単そうです。3塁塁審が2塁ベースをカバーするのは、走者なしで2塁塁審が打球を追った場合のみです。本塁をカバーする必要もありません。

1塁塁審は、もっともジャッジの頻度は多いのですが、動き方はシンプルです。アウト、セーフのジャッジに集中して取り組めるという点では、初心者が一番こなしやすいポジションではないかと思いました。

とにかく、とても寒い一日でした。

|

« お年玉年賀はがき | トップページ | ハンバーガーを待つ3分間の値段 »

コメント

拝見しました。熟練 で 佳境に入った古参審判経験者です。
小生の拙い経験から 一番難しいのは 一塁審判だと思います。
担当塁の判定は 当然ですが 他の走者 各審判員の動きを 見定め
大会では 幾度か三塁カバーに 走狗しました。
また 球審が 固まった事例では タイムを宣告し 時間的余裕とアドバイスもありです。
若手審判員の 成長を 楽しみにさせて頂いてます。
また 拝見させてください。

投稿: 太朗2 | 2017/01/29 14:19

太朗2さま
はじめまして。審判のご経験を積み重ねられ、幾度の修羅場(?笑)をくぐり抜けられてきたからこそのコメントですね。冷静かつ毅然とゲームを見極める職人の姿が思い浮かびました。
私はといえば、小学生だった息子もいまは大学生となり、時の流れを感じたしだいです。少年野球とはいえ必死でジャッジしようと試行錯誤していた当時の緊張感が蘇りました。ありがとうございました!

投稿: cozy | 2017/01/29 16:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/13609725

この記事へのトラックバック一覧です: 審判はどの塁が一番難しいか:

» ホームランの打ち方 [野球が上手くなる!ホームランが打てる!剛速球が投げられる!]
たかが草野球、されど草野球。野球を楽しんでいる人はたくさんいます。草野球から、プロ野球まで、色々なレベルで楽しめるのも野球の楽しさの一つです。野球が上手くなりたい!ホームランを打ちたい!速い球を投げたい!いつまでも野球小僧の人たちに贈る。野球の上手くなるとっておきの方法を伝授します。大人になってから始めても充分に間に合います。楽しいベースボール生活をエンジョイしましょう!... [続きを読む]

受信: 2007/02/07 23:09

« お年玉年賀はがき | トップページ | ハンバーガーを待つ3分間の値段 »