« 英雄 | トップページ | 魔女の一撃 »

フィッシュストーリー

伊坂幸太郎の最新短篇集。
あの作品のあの人も登場します。
フィッシュストーリー

「動物園のエンジン」
仙台の街を舞台にしたラッシュライフを思い出します。
伊坂さんらしい動物愛護の精神もうかがえます。
地下鉄のなかでの主人公の回想の物語だが、余韻がうまい。

「サクリファイス」
閉鎖的な村は、どこかオーデュボンの祈りを彷彿させます。
「こもり様」という奇怪な風習をもつ寒村に生まれた2人の男。
その境遇が、「犠牲」という運命を決定づけたのか。

「フィッシュストーリー」
フィッシュストーリーでつながる過去、現在、未来。
二十数年前、現在、三十数年前、十年後
と、タイムマシンで行き来するようにストーリーの全容が明かされます。
つなげてみたら、偶然がもたらした奇蹟の物語なのでした。

「ポテチ」
個人的には、四作のなかで一番好きです。
重力ピエロに通じる母親の愛を感じさせる作品でした。
遺伝がもたらす運命にほろっときますね。

運命をつかさどるものは遺伝、境遇、偶然
チルドレンのなかで引用する芥川竜之介の言葉が思い出されます。

先に、ラッシュライフオーデュボンの祈り重力ピエロ
の三作品を読んでおいた方が楽しめるでしょう。

|

« 英雄 | トップページ | 魔女の一撃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/13966022

この記事へのトラックバック一覧です: フィッシュストーリー:

« 英雄 | トップページ | 魔女の一撃 »