« 球春到来 | トップページ | 尿酸値8.5以上は危険信号! »

壬生義士伝

何度観ても切ない物語です。
郷土愛、家族愛について考える教材にしてはどうでしょうか。
親は、自分の生き様を、胸をはって子どもに伝えることができるだろうか。

貫一郎(中井貴一)から、ずっと「斉藤先生」と慕われていた斉藤一(佐藤浩市)。
回想シーンでは、貫一郎の娘を「吉村先生」と呼び返し、涙ながらに礼をいいます。
新撰組でともに義を貫いた男たちの友情にも、じんとさせられます。

|

« 球春到来 | トップページ | 尿酸値8.5以上は危険信号! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/13749250

この記事へのトラックバック一覧です: 壬生義士伝:

» 労基法 第21条 解雇予告の適用除外 [労組書記長社労士のブログ]
 昨日、大阪のテレビ{/tv/}で、浅田次郎さん原作の映画「壬生義士伝」が放送されていました。 壬生義士伝南部藩の武士・吉村貫一郎は、藩随一の文武両道の士と謳われながら、妻子を養うために脱藩し新選組に入隊する。 世は幕末、武士でありながら一番大切な、大義名分・権力・名誉を捨て、故郷に残した愛する家族の為に見事なまで純粋に生きた男、新撰組隊士・吉村貫一郎の話。 愛する者のために涙を切り、人を斬る姿に本当の強さとは何かを教�... [続きを読む]

受信: 2007/02/02 11:58

« 球春到来 | トップページ | 尿酸値8.5以上は危険信号! »