« 小田原城 | トップページ | 稽古とは »

またまた審判講習会

審判講習会で、けん制時のボークの見極めについて説明がありました。
けん制では、投げる塁の方へしっかり足を踏み出して(ステップして)から、投げる(スロー)というステップ&スローが基本。
プレートを外さない場合のけん制では、「軸足」よりも「自由な足」の方が先に動いていればOK、「軸足」の方が先に動けばボークになることを確認しました。指導のためにもボークは厳しくとるように。また、投手にはプレートを外したけん制を基本にして教えること。

塁審では、ゴー、ストップ、ルックの動作をふまえ、最後までプレーを見極めてからジャッジすることの大切さを実感。内野ゴロのときに野手からの送球が一塁手のミットの中でジャッグルしていたのを見逃し。正規捕球ではないのでセーフとジャッジすべきプレーでした。「プレーの裁定を早まるな!」と競技者必携にも書いてありました。

主審は少し足を開き気味にすること、ボールのときは腰をあげずにそのままの体勢でコール、ストライクのコールは腰をあげてからドアをノックする感じでやると、「かっこよく見える」と指摘を受けました。「審判は見た目が重要ですよ」の言葉に納得。

低目のボールは、キャッチャーミットの位置が一つの目安になりそう。すなわち捕球位置がキャッチャーの膝より下にあるときは、ほぼボールとジャッジしてよさそう。逆に、高目のボールは心持ちストライクを広くとってもよさそう。アドバイスのとおり、高めギリギリのゾーンに目線を合わせておくとジャッジしやすかったです。

|

« 小田原城 | トップページ | 稽古とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/14153706

この記事へのトラックバック一覧です: またまた審判講習会:

« 小田原城 | トップページ | 稽古とは »