« 本日発売 | トップページ | まだ桜 »

スワローズ2007シーズン初勝利

開幕から4連敗を喫したスワローズ。
もはやホーム神宮での連敗は許されないという状況で、先発は石井一久。
しかし、いきなり先頭打者鳥谷にフォアボール。続く赤星にもヒットを打たれ、立ち上がりから大ピンチ。内野は1点はしかたないというシフトでしたが、後続のシーツ、金本を抑えます。今岡に四球で二死満塁となるも、濱中を打ちとって奇跡的に無失点で凌ぎました。

ピンチの裏にチャンスあり。先頭の青木がフォアボール。続く田中浩康がヒットで続き、リグス、ラミレスが倒れましたがガイエルが四球で二死満塁。阪神とまったく同じ状況が再現されました。しかし、宮本が初球を打ってセカンドゴロで得点できず。

スワローズの得点は、1点目が4回の飯原の先制ホームラン。意外に伸びてライトポール直撃でした。一打席目もいい感じのヒットを放っており、調子を上げています。きょうはサードで先発でしたが、次の試合もスタメンで使ってほしい選手です。

2点目は7回のラミレスの勝ち越しホームラン。打った瞬間にそれとわかる会心の一撃にライトスタンドは大いに湧きました。きょうのヒーローです。

3点目は宮本の左中間を割る2ベースヒット。渋く四球を選んだガイエルがホームインしました。

4点目は福川のナイススクイズ。阪神にとっては非常にダメージを与えた1点だったはず。今年のスワローズには、こういう攻め方こそ必要だと思います。

結局7回まで投げた石井一久、ナイスピッチ。8回の館山はボールが速い速い。9回の高津劇場は最後までハラハラ。スコアボードに4人連続でHが並ぶ左バッターの代打攻勢。度会のファイルフライエラーにはじまり、ランナーがたまって一瞬嫌なムードが生まれました。冷え込んだ神宮では「早く終わらせろー」のスワローズファンの声があちこちで響いていましたが、最後は鳥谷を外野フライで仕留めてゲームセット。

特筆すべきは、3つの四球に2本のヒットの青木でしょう。今日はなんと出塁率10割。特に右腕一本で運んだ5打席目のセンター前への巧打は技ありでした。スコアボードの打率5割が輝く、最高のリードオフマンです。

何はともあれ、今シーズンの公式戦初観戦が勝ちゲームになってよかったです。
リグスも明日からがんばれ!

070405


|

« 本日発売 | トップページ | まだ桜 »

コメント

昨日(4/7)増渕投手が先発して好投したというのは今後のヤクルトにとって好材料ですね^^。
ラミレス選手は4打数3安打1打点の猛打賞と4番の責任を果たしていた様で。

ところで広島の梵(そよぎ)選手、やっとふりがなを読める様になりましたw。

投稿: tokkey_0524zet | 2007/04/08 07:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/14573046

この記事へのトラックバック一覧です: スワローズ2007シーズン初勝利:

» 清峰、夏へ向けての前哨戦で快勝♪(とヤクルト2連勝)。 [<徳島早苗の間>]
 現在2007年春季九州高校野球が開催中。  4/6にビッグNスタジアムで行われた長崎県大会・決勝にて清峰は鎮西学院に勝利。九州大会への出場を決めた。  ◆清峰、猛打で長崎大会V/春季九州高校野球◆【長崎大会・決勝】:  清峰   =300 400 112 11  鎮西学院=110 000 200 4    【清】山口宰、泉頭、山口宰-田辺 【鎮】土田、浦川、宮田、町田-宮副 【本塁打】小西(清)  この大会、投手陣は押し出しで点を与えたり満塁HRを打たれたりと不安材料が多かったが、... [続きを読む]

受信: 2007/04/07 01:26

« 本日発売 | トップページ | まだ桜 »