« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

PMP試験合格しました

きょうアール・プロメトリック社の試験会場にいき、PMP試験を受けました。
結果、何とか合格できました!
嬉しいというよりホッとしてます。(^^;

4時間で200問を解くコンピュータによる試験は、予想をはるかに超えてしんどいものでした。最後のほうは何度も集中力が切れかかりましたが、「もういいや」という気持ちに屈せず粘れたことが一番の勝因だと思っています。

きょうの結果次第では「やけ酒」になるところでしたが、1か月ぶりにうまいビールが飲めてよかったです。今後このブログでPMP試験の手続きや学習方法などについて振り返っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「二日酔いには柿」と申しますが、現在訳あって禁酒中です。
もうすぐ美酒を飲むぞ。

071020
(2007.10.20.寿福寺(鎌倉)近くにて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

捕手論

古田選手の引退によってこの本を読んだ人も多いことでしょう。
荒木大輔が復帰戦で投げた「生涯最高のフォーク」の話は、捕手古田の非凡さをよく表しています。そしてその荒木は、来シーズンからコーチとしてスワローズに戻ってくる。
捕手論 (光文社新書)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野村スコープ

クライマックスシリーズで復活。
信じられませんが、18年ぶりなのだそうです。
9分割したストライクゾーンを用いてのテレビ解説は、
もちろん、野村監督(楽天)による配球予想付き。

日本ハムのグリン投手を攻略できないロッテ打線に対し、
「何も考えず来た球を打っているだけ」
「全員が四番打者のバッティングをしている」
と、けっこう手厳しいことを言ってました。
すごかったのは、配球を読ませないロッテ里崎捕手のリード。
しかし、打たれてしまってはノムさんに言われ放題なのでした。

途中からはワンサイドゲームになってしまい、
野村スコープの醍醐味が半減してしまいましたが、
理屈と心理洞察があるので、聞いていて楽しいですね。

明日はぜひともロッテ成瀬投手のピッチングに対して
野村スコープをやってほしいです。
071015


| | コメント (0) | トラックバック (0)

いわし雲

連休の最終日は、雨が降ったりやんだりの一日でしたが、
夕方になってようやく晴れ間がみえました。
こういうのを「いわし雲」と呼ぶのでしょうか。きれいでした。
071008


| | コメント (0) | トラックバック (0)

18年間ありがとう!

ついに来てしまった古田敦也、引退の日。
071007

| | コメント (0) | トラックバック (2)

秋の味覚

知り合いから栗をいただいたようで、夕食は栗ご飯でした。
季節のものを味わえるのは嬉しいことです。
栗ご飯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さようなら、健さん

#9鈴木健選手の引退試合でした。
8回の裏に代打で登場。神宮は総立ちの鈴木コール。
そして、ファールで粘った15球目、みごとセンター前にはじき返しました。
最後にヒットが出て本当によかった。

途中、ファールフライをわざと捕らなかったサード村田選手。
全球すべてストレートで勝負した横山投手(相川捕手)。
ベイスターズの粋な計らいもあって、大いに感動しました。

試合後の引退セレモニーでは、古田監督への感謝の言葉もあり
健さんの人柄がうかがえ、ファンの心にぐっと伝わるものがあったセレモニーでした。

ラミレス選手の200本安打達成、そしてルーキー増渕投手のプロ初勝利など
話題尽くめのきょうのゲームでしたが、私の中では、やはり健さんが主役でした。
20年間ほんとうにお疲れさまでした。

071004jingu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「いい家」が欲しい

もし家を建てるなら、だれしもがそう思うはず。
30万部も売れたベストセラーながら、賛否両論があるようです。
今読んでいますが、結構ショックを受けています。

湿気や結露の怖さ。
「良くて安い」は錯覚以外にありえないということ。
家づくりに関して、自分自身があまりにも無知だったということ。

「いい家」=「住み心地の良い家」を建てるためのポイントとして
著者は次の3つを挙げています。
・家の構造
・断熱の方法
・依頼先

そして、依頼先を選別するには、4つの相性
・人と人との相性
・工法とプランの相性
・予算の相性
・工期の相性
をじっくり確認することだといいます。
品質、コスト、納期、そして人
「なんだ!仕事と一緒じゃん」
そう思えば、納得です。
ただし、あえて「相性」といっているところが案外ポイントかも。
縁があった、縁がなかった
ということが重要だったりして。

いずれにしても、
発注者と受注者のように対立した関係ではなく、
「いい家」をつくる、という目標を前において
同じ方向を向いて一緒に仕事をしてくれる
工務店の存在が必須だと思いました。

施主として「いい家」をつくるための心得
「アセるな、ケチるな」
一言でいえば、そんなところかな。

「いい家」が欲しい。
「いい家」が欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新米

つやつや輝いています。
おすそわけでいただきました。
新潟県産コシヒカリ。
やっぱり、うまい。
071002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »