« いわし雲 | トップページ | 捕手論 »

野村スコープ

クライマックスシリーズで復活。
信じられませんが、18年ぶりなのだそうです。
9分割したストライクゾーンを用いてのテレビ解説は、
もちろん、野村監督(楽天)による配球予想付き。

日本ハムのグリン投手を攻略できないロッテ打線に対し、
「何も考えず来た球を打っているだけ」
「全員が四番打者のバッティングをしている」
と、けっこう手厳しいことを言ってました。
すごかったのは、配球を読ませないロッテ里崎捕手のリード。
しかし、打たれてしまってはノムさんに言われ放題なのでした。

途中からはワンサイドゲームになってしまい、
野村スコープの醍醐味が半減してしまいましたが、
理屈と心理洞察があるので、聞いていて楽しいですね。

明日はぜひともロッテ成瀬投手のピッチングに対して
野村スコープをやってほしいです。
071015


|

« いわし雲 | トップページ | 捕手論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/16771811

この記事へのトラックバック一覧です: 野村スコープ:

« いわし雲 | トップページ | 捕手論 »