« やったぜ星野ジャパン 北京五輪出場決定 | トップページ | 200年住宅 »

人を信じ、行いは信ずるな

すでに絶版となってしまった川喜田二郎氏の名著
チームワーク―組織の中で自己を実現する
で見つけたいい言葉です。

人は信じよう。 しかし、その人のやることは、けっして頭からは信じまい。 たとえその人が、どんなに偉い人であろうとも。


リーダーが心得るべき「信頼と激励」の極意だと思いました。たとえ人が失敗したとしても、失敗したこと(事=行動それ自体)を責めるべきであって、人そのものを責めるべきではないという意味です。


事を責められるなら、救いはある。
しかし、人格を責められたら、救いがない。


どんなに腹が立っても、あいつはダメなヤツだと決めつけるまえに、一呼吸してこの言葉を噛みしめたいものです。
少年野球の指導、子供の教育、夫婦喧嘩、そして仕事にと、いろいろなシチュエーションで応用の効く名言だと思いました。

|

« やったぜ星野ジャパン 北京五輪出場決定 | トップページ | 200年住宅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/17333406

この記事へのトラックバック一覧です: 人を信じ、行いは信ずるな:

« やったぜ星野ジャパン 北京五輪出場決定 | トップページ | 200年住宅 »