« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

"育て"の極意

教育研修にたずさわる者として、本日のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」のテーマは、大変興味深かった。茂木さんによれば、子どもを育てるのも、部下を育てるのも、自分を育てるのも、基本的には変わらないということ。

"育て"の極意とは、次のことであった。
・あえて教えない
・ひたすら待つ、ただし観察しながら
・芽を見つけたら、その時本気でアクション

人に教えられるよりも、自分で考える方がドーパミンの分泌量が増える。その結果、脳がその直前の行動を繰り返そうとするようになり、行動が強化される。

ひたすら待つのだが、その際、自発性の芽に注目する。ドラゴン桜のモデルになった竹岡先生が、生徒の自発性の芽を見つけたとき、わざわざ自宅に帰って資料を調べて生徒に答えを示したというエピソードがあった。時間をおかないで、その場でアクションをとることが重要。自発の芽が出てくるときは、脳が空白を埋めてほしいというサインを出しているとき。タイムリーに埋められれば、記憶が定着するのである。

ただ待つだけでなく、ほめてやることや、ヒントを与えることも大切。たとえば、どこかに連れて行ったり、だれかに会わせるなど、環境を変えてあげることが、親や上司の役割となる。

自発性には「未知への挑戦」が不可欠。どうすれば、そういうスピリットを育てられるのか。それは、親なり上司が、子どもや部下にとっての安全基地になることである。
安全基地のポイント
・やりたいことをやらせる
・応援団に徹する
・欠点も受け入れる
・困った時こそ手助けする

やりたいと思ったら全力でやる「自発性の回路」は、何によって育んでも良い。最初はイヤイヤながら始めたことであっても、プロフェッショナルになる人は、必ず自発性がある。

自分を育てるには、クヨクヨと後悔することを勧める。
反省と後悔は違う。後悔は、想像と現実を脳の中で比較である。「あのとき、こうすればよかった」「他にこういうやり方があったのに」ということを、なるだけ具体的にイメージすればするほど、失敗の経験が、悔しさや悲しみととともに脳に強く記憶され、適応力が向上する。つまり、後悔は未来のためにある。

将棋の世界では事後に感想戦というのがあるが、人生の感想戦を行うことで、自分を育てることができる。

育てることで、育てる側も育つということも大事なポイントだ。人間は、お互いに育て合うことで、成長し合える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清水泰さん 木の家具展

自由が丘CASA TANAで清水泰さんの個展が開催されていました。
知人より招待状をもらったので、のぞいてみました。シャープで洗練されたデザインの中にも、木のぬくもりが伝わってくる家具がたくさん展示されてました。ストンと気持ちよく収まる引き出しでした。見ているだけでも心地がいい。
工房YASUSHIのホームページは→こちら

20090330_02

20090330_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

需要をつくり出せないなら、売りないのは当然

日経新聞を読んでいて、目にとまった言葉でした。
ユニクロの柳井正会長兼社長の言葉です。
(2009/3/26)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

侍ジャパン WBC連覇

野球は最高です。感動をありがとう!
日本のピッチャーのレベルの高さが際立った大会でしたが、バッティングも尻上がりに調子が上がっていき、最高のエンディングを迎えることができました。
おめでとうJapan!
20090324

29人の侍たちに感謝です。

投手
11 ダルビッシュ 有
14 馬原 孝浩
15 田中 将大
16 涌井 秀章
18 松坂 大輔
19 岩田 稔
20 岩隈 久志
22 藤川 球児
26 内海 哲也
28 小松 聖
31 渡辺 俊介
39 山口 鉄也
47 杉内 俊哉

捕手
2 城島 健司
10 阿部 慎之助
29 石原 慶幸

内野手
6 中島 裕之
7 片岡 易之
8 岩村 明憲
9 小笠原 道大
25 村田 修一
52 川崎 宗則
5 栗原 健太

外野手
1 福留 孝介
23 青木 宣親
24 内川 聖一
35 亀井 義行
41 稲葉 篤紀
51 イチロー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

侍ジャパン 2次ラウンド1位通過

青木のドラックバント、小笠原の代打逆転打、岩村の2点タイムリー。8回の怒涛の攻撃、興奮しました。
20090320_01

20090320_02

20090320_03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白木蓮

4月中旬の陽気で、ハクモクレンの花が満開になっていました。外勤途中で。
20090317

| | コメント (0) | トラックバック (0)

侍ジャパン 強豪キューバ撃破

日本がキューバに6-0で完勝。
何といっても松坂投手の好投ですね。キューバ打線をシュートで翻弄してました。
シュートがくるからバッターは外側のボールを打てなくなるわけで、結果的に6回を5安打無失点、8三振という素晴らしいピッチングでした。城島のリードもよかったんでしょうね。
韓国は相変わらずの強打で、こちらもメキシコを破りました。次こそは韓国にも勝って、準決勝進出を決めてほしい。
がんばれ侍ジャパン!
20090316


| | コメント (0) | トラックバック (15)

デジタルフォトフレーム

コネタマ参加中: 定額給付金、もらったら何に使う?

デジタルフォトフレームがおすすめです。
少年野球の卒部式で、6年生の選手たちにプレゼントされました。
チームメイトのスライドショーに感激しました。
Transcend デジタルフォトフレーム T.photo 710C クリア TS1GPF710C
Transcend デジタルフォトフレーム T.photo 710C クリア TS1GPF710C

新型iPod shuffleも出たようですね。¥ 8,800
Apple iPod shuffle 4GB シルバー MB867J/A
Apple iPod shuffle 4GB シルバー MB867J/A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

國よし

大磯にある鰻の老舗國よしに行ってきました。
蒲焼き定食を注文、白焼きと蒲焼き、デザートにはメロンが付いていました。
ふっくらと、とろけるような鰻をいただき、贅沢な時間を過ごしました。社員旅行にて。

2009031402

2009031403

2009031404

| | コメント (0) | トラックバック (0)

侍ジャパン 韓国に歴史的大勝

WBC第1ラウンドで、日本が韓国に14-2でまさかのコールド勝ち。「歴史的・・・」なんていうと誤解がありそうな気もするのですが、テレビ中継でもしきりに強調していました。

1回の表、イチローにWBC初ヒットが出ると、続く中島、青木の3連打であっという間に1点を先取。韓国の先発が、北京五輪で抑えられた左腕、金広鉉(キム・グァンヒョン)だったので、まず1点をとりに、バントの場面かなと見てましたが、思い切った攻撃で一気に流れを引き寄せました。その裏、松坂が打たれ、2ランホームランで1点差に詰め寄られ、韓国の底力を見せつけられましたが、村田の3ランで勝利を確信しました。

青木は初回のセンター前タイムリーも見事でしたが、犠牲フライできっちり3塁ランナーを生還させる、いい仕事をしていました。この犠牲フライで生還したのが岩村。岩村だけがノーヒットだといわれますが、選んだ四球はいずれも得点に結びつくなど、つなぐ野球に徹しチームに貢献しました。2回の村田のホームランの前、中島がファールの末にもぎ取った押し出し四球も特筆すべき価値のある仕事だったと思います。

月曜日の先発は岩隈でしょうか。何としても勝って、A組1位通過をめざしてもらいたい。
いずれにしても第2ラウンド(米国・サンディエゴ)出場決定、おめでとう!
第2ラウンドでは、A組の中からもう1チームと、B組(オーストラリア、キューバ、メキシコ、オーストラリア)の中から2チームが勝ち上がってくる予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (21)

定額給付金

定額給付金の支給が決定しました。
支給額は1人1万2000円ですが、65歳以上と18歳以下は2万円なので、家族全員分を合わせれば結構な金額になります。それこそ景気よくパアーッと使いたいところですが、使い方については麻生首相と同じく、家内とよく相談して決めたいと思います。

薄型テレビは、在庫がダブついている今こそ買い時だと聞いたことがあります。今だったら値段以上の品質のテレビが購入できるけれども、すでにメーカーが本気でコストダウンに取り組み出したので、もうすぐ値段相応の品質のものしか市場に出なくなるだろうという話でした。

プレミアム付きの地域商品券が出るんだったら、もっとも有力な選択肢になるかもしれません。そういえば、昔、「地域振興券」なんていうものが配布されたことがありましたね。ただし、何に使ったか、まったく覚えていませんが。
定額給付金は、国民の記憶に残る政策になるのでしょうか。

※地域振興券(ちいきしんこうけん)とは1999年4月1日から9月30日まで日本国内で流通した商品券の1種である。(Wikipediaより)

「モノ」ではなく「時間・体験」を贈れるギフトなんていうのもあるようですね。
定額給付金、どうせ使うんだったら、人に何かプレゼントして喜んでもらう、なんて使い方もあるかもしれません。
CLOVER GIFT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FX取引か外貨預金か

3月2日の日経新聞(朝刊)で、外貨預金と外国為替証拠金取引(FX)の比較が特集されていました。為替変動に着目した金融商品として、円を外貨に替えて預金する「外貨預金」がいいのか、証拠金にレバレッジをかけて外貨を売買する「FX」がいいのか、その商品性の違いについて大胆に?比較していました。

●コスト
外貨預金は、預け入れ・引き出し時にそれぞれ為替手数料がかかるが、FXは、ほとんど時価で取引が可能であり、手数料は無用のところも多い。FX有利。

●利便性
FXは24時間取引でき、外貨売りから入ることも可能。外貨預金は1ドルから取引が可能だが、定期預金なら途中解約は原則不可。FX有利。

●わかりやすさ
FXの証拠金と持ち高の計算はやや複雑だが、外貨預金は、実際に外貨を保有するため、資産価値を把握しやすい。外貨預金有利。

●リスク
外貨預金は、外貨建てでは元本を保証するのに対し、FXは高倍率の取引では損失額も拡大する。外貨預金有利。ただし、経営破たんすれば、どちらも預金が戻ってこないリスクがある。

結局は、投資する人による十分なリスク管理、すなわち自己責任ですね。儲けるためではなく、生活防衛のための上手な資産運用を学ぶことが必要になってきました。
金融商品の選択は一例ですが、不確実で不透明なこの時代、リスクと正しくつきあうためのリテラシーを身につけたいものです。

>>
FXCMジャパンが昨年12月から始めた「らくちんFX」は、あらかじめ売買パターンを決めたプログラムを選んで投資する。パターンは約200通りあり、顧客はプログラムの売買実績をもとに選ぶ。自分で取引通貨や売買時期を選ぶ妙味は薄れるが、「気を張りつめて相場の動向を注視する必要はなくなる」(同社)という。
(3月2日の日経新聞(朝刊)より)
>>
クイック入金サービス、FXCMジャパン


為替レート

| | コメント (0) | トラックバック (7)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »