« 咲き始め | トップページ | 鎌倉、鶴岡八幡宮の桜(4月3日朝8時頃) »

チャンスを呼ぶ力

誰かと話したいと思っているときに、その人物から電話がかかってくる。
こちらから電話してみたら、実は相手も自分と話したがっていた。
自分が求めているものを、まったく予期せぬ方法で見出した。
自分に役立つ本や記事を偶然手に入れた。
そのような偶然は、「シンクロニシティ」と呼ばれます。シンクロニシティは人生の導きであり、自分がやっていることをの正しさを証明してくれる合図のようなものだといいます。

もし、そのようなことがあったら、それは「フロー」の力なのだそうです。
フロー研究の第一人者であるチクセントミハイ博士によれば

フローとは「1つの活動に深く没入しているので、他の何ものも問題とならなくなる状態、その経験それ自体が非常に楽しいので、純粋にそれをするということのために、多くの時間や労力を費やすような状態」
と定義されます。
しかし、この本で言っているフローは、ある局面でのフロー状態というよりは、人生をフローにたとえるような世界観のようです。

この本には、「フローとは自分と他人や世界との垣根を取り払い、宇宙と調和して生きているという実感を味わわせてくれる、努力とは無縁の自然な人生の開花である。」とあります。
これだけ読むと、何のこっちゃ?となりますが、万物は大きな流れ(フロー)の中にあり、私たち一人ひとりも、その全体の中の一部なのだということ。そして、テレサテンではありませんが、「時の流れに身をまかせ」という生き方こそ、幸福をもたらすのだという風に理解しました。

そして、ここが一番のポイントだと感じたのですが、

フローは個人の力では決して引き起こすことができないものであり、ただ存在するだけであるということ。わたしたちにできるのは、フローの存在を自覚し、シンクロニシティが自然に発生するような人生を歩むことだけ、ということ。

フローが働いているときには、物事が落ち着くべきところに落ち着き、障害が消え去り、タイミングが完璧で、お金、仕事、人間、チャンスなど、必要なものが必要なときに手に入ります。つまり、流れにのっている状態でしょう。

とても不思議でミステリアスな現象ですが、自分にも経験があります。つい先日も、仕事のことである先生に相談したいなと思っていたら、何とその先生から電話が入りました。しばらくお会いしていなかったので大変驚きました。

そのようなシンクロニシティ、つまり意味ある偶然の一致に注意を払いながら、フローに身をまかせなさいという教えは、パウロ・コエーリョ作の「アルケミスト―夢を旅した少年」にでてくる世界観、「マクトゥーヴ」という教えとほぼ同じだと思います。

この本では、流れにのって生きている人たち(フローマスター)の幸福な人生を参考にしながら、フローの力を引き寄せるための心構え、いわばチャンスを呼び込む力をつけるための知恵について書かれています。それは9つの法則としてまとめられています。
第1の法則・・・物事に真剣に関わる
第2の法則・・・自分に素直になる
第3の法則・・・勇気をもつ
第4の法則・・・情熱を忘れない
第5の法則・・・今、ここに生きる
第6の法則・・・心に壁をつくらない
第7の法則・・・物事をあるがままに受け入れる
第8の法則・・・前向きに生きる
第9の法則・・・信頼する

それぞれの法則の詳細は、本書を読んでのお楽しみですが、ああ、やっぱりそういうことだったのか、と気づかされることも多かったです。ミスチルやアンジェラ・アキの歌詞を連想させる示唆もあったりして、感性の鋭いアーチストたちは、こういうことを身をもって体験しながら詩をつくり、メッセージを伝えようとしているんだなと思ったりします。
啓示的で、ちょっと怪しげな世界なのですが、書いてあることには共感することも多く、あらためてフロー理論には魅力を感じています。

パワー・オブ・フローパワー・オブ・フロー
Charlene Belitz Meg Lundstrom 菅 靖彦

河出書房新社 1999-04
売り上げランキング : 147558
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 咲き始め | トップページ | 鎌倉、鶴岡八幡宮の桜(4月3日朝8時頃) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/44548803

この記事へのトラックバック一覧です: チャンスを呼ぶ力:

« 咲き始め | トップページ | 鎌倉、鶴岡八幡宮の桜(4月3日朝8時頃) »