« 成就院のあじさい | トップページ | 強いぞ湘南ベルマーレ »

社会人向けの教育は「変える」のではなく「視野を広げる」

放送大学のラジオ講座を試聴した。ラジオの音声だけ(印刷教材なし)で聴いた内容をまとめるのは結構しんどい。脳ミソがフル回転している感じである。

ラジオからICレコーダーにつないでMP3で録音し、パソコンで再生。Windows Media Playerの倍速再生機能で聴くと冗長さがなくなることは新たな発見。個人的には1.9倍速くらいまでOKであった。

ときどき「印刷教材にはない例をあげて説明します」などと、わざわざ断りを入れて話をしていたが、テキストだけを読んで済ませようとする学生を牽制しているのだろうか。この授業では先生が単調に読み上げるのではなく、ゲストの女学生に質問させたり、テキスト(「印刷教材」と呼んでいておかしかったが)の引用箇所を読ませるなど、視聴者を飽きさせない工夫をしようという意志が感じられ好感をもった。

もしかしたら意外に効果のあがる学びのスタイルかもしれない・・・と思ったりして。

---------------------
2009/6/13
生涯学習と自己実現('06)
第10回 「生涯学習における学習者像と学習支援」


成人教育では、これまでとは異なる教育のあり方を問題提起をしている。教える大人と教わる子どもという図式ではない。成人教育の論点は次の4つである。

1.自己決定性の再検討
社会人は必ずしも自己決定的に学ぶ人だけではない。系統的に知識を学ぶことを希望する人もいる。知識伝達型の教育を否定してはいない。ただし、そのようなペタゴジー型の学習から出発して、徐々にアンドラゴジー型の学習へ展開していくことは必要である。
自己決定的な学習は、個人だけでできるというよりは、集団のやりとりの中で身につけていくものだ。したがって、多様で異なる集団の意見をまとめていくプロセスのなかで「学び方を学ぶこと」が、自己決定型の学習の到達目標であるという見方もできる。


2.剛構造としての経験
成人ならではの豊富な経験が、マイナスに働く場合もある。成人学習者の自己アイデンティティは、その人の経験そのものである。放送大学の受講生の中には、自分の経験だけからしかテキストを読めない人もいる。そうなると学問の論理構造そのものを受けつけにくい。


3学習ニーズの多様性
成人の学習ニーズは、各人ごとに多様であり個別的である。フールによれば、成人学習者のタイプを目標志向、活動志向、学習志向の3つに分類している。


4意識変容の学習
こだわりを捨て、他の考え方を受け容れ、視野を広げていくことである。
意識変容を支援する立場の留意点として「意識変容すべきだ」という教え方はしない方がいい。経験の否定は人格の否定につながる。社会人向けの教育は、教化ではなく視野を広げるようなアドバイスであり、本人がハッと気づくようなきっかけを示す授業が望まれる。
また、変容は性急に求めないこと。たとえ変容がみられなくても学習成果がないとは考えない。結果的に変わらなくても意識変容の学習は起きている。本人は新しい価値観に気づき、理解したうえで、比較検討のうえ選びとっている。変えるのではなく、あくまでも視野を広げるというスタンスが求められる。


結論
生涯学習の出発点は、成人学習者の一人ひとりの経験を大事にすることにある。経験を問い直すことによって、自分の経験を振り返ってみるということに成人教育の意義がある。

放送では参考書籍として以下2つを紹介していた。

成人教育の現代的実践―ベダゴジーからアンドラゴジーへ
Malcom S. Knowles 堀 薫夫 三輪 建二

おとなの学びを拓く―自己決定と意識変容をめざして
入江 直子 豊田 千代子 三輪 建二

|

« 成就院のあじさい | トップページ | 強いぞ湘南ベルマーレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/45372965

この記事へのトラックバック一覧です: 社会人向けの教育は「変える」のではなく「視野を広げる」:

« 成就院のあじさい | トップページ | 強いぞ湘南ベルマーレ »