« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

照顧脚下

20090725_01

20090725_02

20090725_03

建長寺にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大仏と西瓜

20090724
高徳院にて。
それにしても西瓜の小ささよ。
鎌倉大仏は総高13.35メートル(仏身高11.312メートル)です。
お台場にできた原寸大ガンダムの18メートルにはかないませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鷹匠の息子

デジタルシネマらしい美しい映像であった。
撮影地はモンゴルの首都ウランパートルから車で7日もかかる場所。もともとドキュメンタリー作品を撮ろうとしていたが、取材で出会った現地の鷹匠の親子にキャスト出演してもらい、フィクション物語としてつくりあげたとのこと。
多くの映画作品のように出発~試練~帰還というストーリーにそって12歳の少年パザルパイの成長が描かれていた。ドイツではすでに上映され、北欧諸国でもこれから公開予定だと聞いたが、日本でもぜひ劇場公開してもらいたい。

20090713
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009にて

| | コメント (0) | トラックバック (3)

鎌倉の美味しいパン屋さん

自家製天然酵母パンのお店「KIBIYAベーカリー」さん。
チョコパンが好きです。
20090712

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2位死守

館山投手は完投で9勝目。死四球なしのテンポよいピッチングに打線も応えて快勝でした。
中 日 000 101 000  2
ヤクルト200 024 00X  8

20090709_01

20090709_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おもしろがれる」ことは1つの能力である

「おもしろがる」「おもしろがれる」は、私の体験から言うと、これは人間に備わった、れっきとした能力の1つである。そして、この能力は、実をいえば、好奇心人間のベースとなるのである。

好奇心を鍛えるにはどうしたらいいか?
日ごろから、自分が他人に話して聞かせることのできる物語を、いくつ体験したか、あるいはもっているかに気を配り、そのための一歩を踏み出すことだ。人に語れる物語が少なかったら、それを補うように好奇心のスイッチを入れればいいのである。

(「冒険への出発~新しい発見」 P146 夏村波夫より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湘南ひらつか七夕まつり

仙台七夕の吹き流しとは違い、からくり仕掛けものや、動きをつけたものが多く、見ていて楽しめました。

20090705_01

20090705_02

20090705

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »