« 茅ヶ崎里山公園 | トップページ | 大人のための野球教室 »

惜敗、だがスワローズ大健闘

東京ヤクルトスワローズ、CSシリーズは惜しくも敗退。でも大健闘でした。

しかし、率直なところCSがこんなに盛り上がるとは思っていなかった。例年、消化試合になっていた10月の公式戦も、CS進出がかかるとなれば、最後まで熱いゲームが繰り広げられた。

第一戦、石川の粘りのピッチング、デントナの一振りでワンチャンスをものにした劇的勝利。CSセカンドステージ進出に王手をかけた第二戦は、館山と吉見の最多勝右腕の投げ合い。川本の逆転2ランも出たが、打線にもう一本が出ず惜敗。

そしてきょうの第三戦。急きょ先発の大役がまわってきた由規もよく投げた。もし高木が投げていたら、あのとき畠山に代走を出していれば、立浪のときにピッチャーを交替していれば、代打志田が2球目の高めのボール球を見送っていれば・・・など、野球のタラレバは常であるが、そう思わせるほど7-4の最終スコアからはうかがい知れない、両チームの意地と気迫がぶつかり合った好ゲームだったと思う。
Cs3


けが人やインフルエンザで大幅な戦力ダウンのなか、満身創痍で中日と互角に戦った選手たちを誇りに思う。最後の最後まで熱い試合をありがとう!
この悔しさをばねにして、来年さらに大きく飛躍してほしい。

|

« 茅ヶ崎里山公園 | トップページ | 大人のための野球教室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/46531039

この記事へのトラックバック一覧です: 惜敗、だがスワローズ大健闘:

« 茅ヶ崎里山公園 | トップページ | 大人のための野球教室 »