« 円覚寺の紅葉 | トップページ | 源氏山の紅葉 »

何のために働くのか?

「すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負う。」(日本国憲法 第27条)
そう、勤労とは義務なのである。

わたしたちは、何のために働いているのか?
家族のため? 自分のため? お金のため? 社会のため?

仕事の喜び、「働きがい」は、じつは自分、家族、職場、社会・・・・・・
といった人と人との関係性ではなく、人とモノとの関係の中に見出されるのではないか。

ここでいうモノとは、コンピュータのプログラムでもよいし、会計帳簿でも、
マーケティングデータでもよい。事務や経営そのものでもいい。

ちょうど5年前、働く(はたらく)とは、傍(はた)を楽(らく)にさせることだと書いたが、宮崎哲弥氏の本を読んで、ハッとさせられた。

自分は成長しているだろうか。
まずは目の前にある仕事に感謝したい。

ビジネスマンのための新・教養講座 (新書y)
ビジネスマンのための新・教養講座 (新書y)

|

« 円覚寺の紅葉 | トップページ | 源氏山の紅葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/46842973

この記事へのトラックバック一覧です: 何のために働くのか?:

« 円覚寺の紅葉 | トップページ | 源氏山の紅葉 »