« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

韓非子の帝王学

小室直樹氏によると次のとおり。

---------
韓非子のほうがマキャヴェッリよりもはるかに優れている。

なぜなら、韓非子の時代には、戦国列強(七雄)は、権力政治の単位としてすでに完成していた一方、マキャヴェッリの時代には、アルプスの北側で、後にヨーロッパ列強となるいくつかの王国が、近代国家として発展途上にあったにすぎないからだ。

戦国列強(七雄)は、常備軍をもち、高度な官僚制を有し、王は絶大な権力を有し、ほとんど完全に自由に政策の遂行ができた。すでに国境を有し、領土が確定していた領域国家であった。

これらは、権力政治の単位としてすぐれたサンプルを提供するものであった。つまり、韓非子には、戦国列強の権力政治に関するデータをはじめ中国古来の権力政治に関する巨大な量のデータが利用可能であったのである。

それゆえに、マキャヴェッリよりも韓非子のほうが科学的であり、内容もずっと豊富なのである。

韓非子の帝王学
韓非子の帝王学

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原因分析

なんか似てるかも。

「幸せな家族はどれもみな同じようにみえるが、不幸な家族にはそれぞれの不幸の形がある。」byトルストイ
アンナ・カレーニナ〈1〉 (光文社古典新訳文庫)
アンナ・カレーニナ〈1〉 (光文社古典新訳文庫)

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」by野村克也
負けに不思議の負けなし〈完全版〉 上 (朝日文庫)
負けに不思議の負けなし〈完全版〉 上 (朝日文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »