« 原因分析 | トップページ | 消える大学、残る大学 »

韓非子の帝王学

小室直樹氏によると次のとおり。

---------
韓非子のほうがマキャヴェッリよりもはるかに優れている。

なぜなら、韓非子の時代には、戦国列強(七雄)は、権力政治の単位としてすでに完成していた一方、マキャヴェッリの時代には、アルプスの北側で、後にヨーロッパ列強となるいくつかの王国が、近代国家として発展途上にあったにすぎないからだ。

戦国列強(七雄)は、常備軍をもち、高度な官僚制を有し、王は絶大な権力を有し、ほとんど完全に自由に政策の遂行ができた。すでに国境を有し、領土が確定していた領域国家であった。

これらは、権力政治の単位としてすぐれたサンプルを提供するものであった。つまり、韓非子には、戦国列強の権力政治に関するデータをはじめ中国古来の権力政治に関する巨大な量のデータが利用可能であったのである。

それゆえに、マキャヴェッリよりも韓非子のほうが科学的であり、内容もずっと豊富なのである。

韓非子の帝王学
韓非子の帝王学

|

« 原因分析 | トップページ | 消える大学、残る大学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/52392287

この記事へのトラックバック一覧です: 韓非子の帝王学:

« 原因分析 | トップページ | 消える大学、残る大学 »