« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

彼岸花

20110929


| | コメント (0) | トラックバック (0)

怒涛の逆転~負けないバカボン

2回裏七条(バカボン)の打ったフライをキャッチャーとピッチャーがお見合いして取りそこなったのだ。
満塁だったので、何もせず2点ももらってしまったのだ。

しかし、今日もバカボンがピリッとしなかったのだ。
新井に通算250号メモリアルアーチ(3ラン)を打たれ、四球を出してしまい、一場と交代なのだ。

なぜか阪神の先発秋山を打てないスワローズ打線なのだ。
バッターの良いあたりも、ことごとく相手のナイスプレーで阻まれ、とても嫌な雰囲気が漂っていたのだ。

でも、、、6回、四球の畠山をおいて、バレンティンの2ラン!!完璧な当たりだったのだ。
アーチを描け♪GO!バレンティン♪の応援が届いたのだ。
この人が打つと、ほんとうに打線が活気づくのだ。

それにしても怒涛の逆転劇はすばらしかったのだ。
この日、中日が負けたのでゲーム差は3.0になったのだ。
そして、バカボンの不敗神話は続くのだ。

阪神   003 000 020  5
ヤクルト 020 006 00X  8

20110928_01
おかえりなさい一場。待っていたよ。

20110928_02
バレンティンの2ランを皮切りに、6回裏の怒涛の攻撃がはじまった。


20110928_03
相川、青木の適時打に沸く、ライトスタンド。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

還暦を迎えた日米同盟

1951年9月8日。日本はサンフランシスコ講和条約に署名し、翌年春の発効をもって敗戦国から再び、独立国となった。これと併せて日米安保条約も結んだ。
それからちょうど60年を迎える。還暦を迎える日米同盟はあくまでも国益を守る道具であって、目的ではない。ただ、いまも欠かせない道具である以上、きちんと手入れし、長持ちさせなければならない。それが政治の責務だ。
(日経朝刊 一面より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

義経はなぜ死んだのか

壇ノ浦の戦い(1185年)で平氏を滅ぼした義経。本来、最大功労者のはずの義経を、なぜ、頼朝は認めなかったのか。そればかりか、なぜ、反逆者として命までも奪おうとしたのか。


義経は平治の乱で、父・義朝が平氏に殺され、奥州藤原氏のもとに身を寄せた。三代目当主であった藤原秀衡は、平氏と源氏双方との距離を保っておきたいという思惑があった。そのため、義経を庇護したのだった。

その頃、「平家にあらずんば人にあらず」と都で贅沢の限りを尽くす平氏への不満が高まっていた。ついに伊豆に幽閉されていた源頼朝が立ち上がった。挙兵した兄・頼朝とともに戦いたいという義経に、秀衡は、家臣である佐藤兄弟(継信・忠信)を同行させた。

平氏打倒という宿願のもと、頼朝と義経の兄弟が黄瀬川(静岡県清水町)の宿で対面し、手をとり合って涙し、源氏再興を誓い合った。しかし、頼朝は義経が従えてきた佐藤兄弟に疑いの念を抱く。もしや義経は秀衡と通じているのではないか。平氏と戦っているときに背後から攻められれば、挟み撃ちに合う可能性がある。頼朝は奥州藤原氏を恐れていたのである。ちなみに、江島神社(神奈川県藤沢市)に「八臂(はっぴ)弁財天」があるが、これは頼朝が奉納したもので、頼朝はこの神社で秀衡を呪い殺すための祈祷を行っているほどだ。

鎌倉時代の歴史書「吾妻鏡」には、当時の出来事が記されている。鶴岡八幡宮造営の上棟式で、頼朝が義経に対し、大工に与える馬を引くように命じたのである。それは身分の低い者の仕事であり、義経にとっては屈辱的な命令であった。しかし、兄の信頼を得たいと考えた義経は、この屈辱に耐えた。そして、平氏との戦いに臨んだのだった。

やがて平氏追討に大活躍した義経は、朝廷から官位を受ける。ところが、この知らせに鎌倉の頼朝が激怒。自分に無断で官位をうけるとは源氏への裏切りであるとした。そうとは知らず、平氏打倒の喜びをともに祝おうと凱旋の途についた義経だったが、頼朝に鎌倉入りを拒絶されてしまう。兄の怒りを解こうおと一通の書状(腰越状)をしたためた義経であったが、結局兄との面会を果たせないまま失意のうちに京に向かったのであった。

しかも、京に戻った義経を待っていたのは、義経暗殺のために頼朝が仕向けた軍勢による襲撃であった。義経はついに兄・頼朝に反旗を翻す決意を固めていく。頼朝から圧力をかけられていた朝廷は、こんどは逆に義経の官位を剥奪した。朝敵となった義経一向は比叡山に身を潜めたあと、一縷の望みを胸に、藤原秀大衡のいる奥州平泉をめざす。

朝廷への反逆者として追われる義経を、ふたたび平泉に受け入れるべきか、否か。悩んだ秀衡であったが、頼朝の戦うためにも、武勇に優れた義経を迎い入れることを決意した。そもそも、当時の奥州藤原氏には「奥十七万騎」といわれる強大な兵力があり、奥州産の馬は、武士たちがこぞって手に入れたいと願うほどの軍馬として名を轟かせていた。さらに鉄の鉱脈に恵まれた奥州では、優れた刀鍛冶が多くの名刀を生み出したとも言われている。

覇権を争う鎌倉と奥州の激突の時が迫っていた。しかし、その矢先、秀衡は突然病死してしまう。反逆者として追われる自分を唯一人受け入れてくれた恩人の死に、義経は人目をはばからず号泣したという。

秀衡の亡き後、四代目当主である泰衡のもとに、朝廷からの使いが来た。泰衡が義経を匿う罪は重いとする泰衡追討の宣旨であった。頼朝による内部分裂をはかるための工作である。この知らせに家臣からも、義経を引き渡すべきだという意見が上がりはじめ泰衡は決断を迫られた。

泰衡は義経の館を軍勢数百騎で取り囲み、矢を射かけた。すべてを知った義経は、残った家臣に館に火をかけるように命じ、一人そのなかにこもった。燃えさかる炎のなか自刃したのである。

義経の死から一月半後、頼朝は、泰衡が送った義経の首を鎌倉に入れることを拒絶している。そして大軍を率いて奥州へと出陣。義経が討たれたいま、奥州追討はすべきではないという朝廷の制止を押し切っての出兵だったという。激しい抵抗もむなしく、義経なき奥州軍は敗北し、泰衡は敗走の途中で家臣に討たれた。そして平泉は陥落。ここに100年にわたり繁栄を誇った奥州藤原氏は滅んだのである。

この物語を読むと、藤原泰衡には、父・秀衡の遺言を破って義経を殺した愚鈍な人物というイメージがまとわりつく。しかし、猛烈な勢いで全国に覇権を伸ばし、戦慣れしきった頼朝軍に奥州軍が勝利する可能性は極めて低かった。そうした賭けにでるよりも、反逆者である義経の首を差し出して平泉の安泰を守ることを決断した泰衡の選択は、当主として妥当であったという評価もあるという。

義経はなぜ死んだのか?
兄・頼朝が、それほど奥州藤原氏を恐れていたからともいえる。

その時歴史が動いた〈33〉
その時歴史が動いた〈33〉

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »