« 還暦を迎えた日米同盟 | トップページ | 彼岸花 »

怒涛の逆転~負けないバカボン

2回裏七条(バカボン)の打ったフライをキャッチャーとピッチャーがお見合いして取りそこなったのだ。
満塁だったので、何もせず2点ももらってしまったのだ。

しかし、今日もバカボンがピリッとしなかったのだ。
新井に通算250号メモリアルアーチ(3ラン)を打たれ、四球を出してしまい、一場と交代なのだ。

なぜか阪神の先発秋山を打てないスワローズ打線なのだ。
バッターの良いあたりも、ことごとく相手のナイスプレーで阻まれ、とても嫌な雰囲気が漂っていたのだ。

でも、、、6回、四球の畠山をおいて、バレンティンの2ラン!!完璧な当たりだったのだ。
アーチを描け♪GO!バレンティン♪の応援が届いたのだ。
この人が打つと、ほんとうに打線が活気づくのだ。

それにしても怒涛の逆転劇はすばらしかったのだ。
この日、中日が負けたのでゲーム差は3.0になったのだ。
そして、バカボンの不敗神話は続くのだ。

阪神   003 000 020  5
ヤクルト 020 006 00X  8

20110928_01
おかえりなさい一場。待っていたよ。

20110928_02
バレンティンの2ランを皮切りに、6回裏の怒涛の攻撃がはじまった。


20110928_03
相川、青木の適時打に沸く、ライトスタンド。

|

« 還暦を迎えた日米同盟 | トップページ | 彼岸花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/52857036

この記事へのトラックバック一覧です: 怒涛の逆転~負けないバカボン:

« 還暦を迎えた日米同盟 | トップページ | 彼岸花 »