« 桜貝 | トップページ | 雛人形 »

日本の迷走はいつから始まったのか

世界ルールの変化、歴史を動かしてきた力は何だったのか。
そういう観点から近代史(とくに日本の弱点)を探るというアプローチが面白いと思った。
歴史になぞらえれば、現在の世界ルールは、第一次世界大戦後の両大戦間期に酷似しているという。

元旦の日経社説(転換期日本~変化の芽を伸ばす)にも同じ記事があった。
清沢洌の本が引用されていて、1920~30年代と現在との類似性がしばしばいわれると書いてあった。
まさに、そっくりそのまま今に当てはまる内容で驚いた。
当時は帝国主義の時代で、第1次グローバル化の時代ともよばれる。世界のリード役がイギリスからアメリカにかわっていく過渡期でもあった。

「グローバル恐慌の真相」という本にも第一次グローバル化の時代への言及があった。
それは「大恐慌の教訓を忘れて進めた自由化の罠」であり、資本移動の自由がある時代には、バブルが起きやすくなるうえに、それが崩壊すると一国にとどまらず世界的に連鎖するという文脈で理解すべきだという。

歴史の教訓にしっかり学ばなければと思った。

日本の迷走はいつから始まったのか 近代史からみた日本の弱点 (小学館101新書)
日本の迷走はいつから始まったのか 近代史からみた日本の弱点 (小学館101新書)

グローバル恐慌の真相 (集英社新書)
グローバル恐慌の真相 (集英社新書)

|

« 桜貝 | トップページ | 雛人形 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24960/53746642

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の迷走はいつから始まったのか:

« 桜貝 | トップページ | 雛人形 »