歴史上の人物

義経はなぜ死んだのか

壇ノ浦の戦い(1185年)で平氏を滅ぼした義経。本来、最大功労者のはずの義経を、なぜ、頼朝は認めなかったのか。そればかりか、なぜ、反逆者として命までも奪おうとしたのか。


義経は平治の乱で、父・義朝が平氏に殺され、奥州藤原氏のもとに身を寄せた。三代目当主であった藤原秀衡は、平氏と源氏双方との距離を保っておきたいという思惑があった。そのため、義経を庇護したのだった。

その頃、「平家にあらずんば人にあらず」と都で贅沢の限りを尽くす平氏への不満が高まっていた。ついに伊豆に幽閉されていた源頼朝が立ち上がった。挙兵した兄・頼朝とともに戦いたいという義経に、秀衡は、家臣である佐藤兄弟(継信・忠信)を同行させた。

平氏打倒という宿願のもと、頼朝と義経の兄弟が黄瀬川(静岡県清水町)の宿で対面し、手をとり合って涙し、源氏再興を誓い合った。しかし、頼朝は義経が従えてきた佐藤兄弟に疑いの念を抱く。もしや義経は秀衡と通じているのではないか。平氏と戦っているときに背後から攻められれば、挟み撃ちに合う可能性がある。頼朝は奥州藤原氏を恐れていたのである。ちなみに、江島神社(神奈川県藤沢市)に「八臂(はっぴ)弁財天」があるが、これは頼朝が奉納したもので、頼朝はこの神社で秀衡を呪い殺すための祈祷を行っているほどだ。

鎌倉時代の歴史書「吾妻鏡」には、当時の出来事が記されている。鶴岡八幡宮造営の上棟式で、頼朝が義経に対し、大工に与える馬を引くように命じたのである。それは身分の低い者の仕事であり、義経にとっては屈辱的な命令であった。しかし、兄の信頼を得たいと考えた義経は、この屈辱に耐えた。そして、平氏との戦いに臨んだのだった。

やがて平氏追討に大活躍した義経は、朝廷から官位を受ける。ところが、この知らせに鎌倉の頼朝が激怒。自分に無断で官位をうけるとは源氏への裏切りであるとした。そうとは知らず、平氏打倒の喜びをともに祝おうと凱旋の途についた義経だったが、頼朝に鎌倉入りを拒絶されてしまう。兄の怒りを解こうおと一通の書状(腰越状)をしたためた義経であったが、結局兄との面会を果たせないまま失意のうちに京に向かったのであった。

しかも、京に戻った義経を待っていたのは、義経暗殺のために頼朝が仕向けた軍勢による襲撃であった。義経はついに兄・頼朝に反旗を翻す決意を固めていく。頼朝から圧力をかけられていた朝廷は、こんどは逆に義経の官位を剥奪した。朝敵となった義経一向は比叡山に身を潜めたあと、一縷の望みを胸に、藤原秀大衡のいる奥州平泉をめざす。

朝廷への反逆者として追われる義経を、ふたたび平泉に受け入れるべきか、否か。悩んだ秀衡であったが、頼朝の戦うためにも、武勇に優れた義経を迎い入れることを決意した。そもそも、当時の奥州藤原氏には「奥十七万騎」といわれる強大な兵力があり、奥州産の馬は、武士たちがこぞって手に入れたいと願うほどの軍馬として名を轟かせていた。さらに鉄の鉱脈に恵まれた奥州では、優れた刀鍛冶が多くの名刀を生み出したとも言われている。

覇権を争う鎌倉と奥州の激突の時が迫っていた。しかし、その矢先、秀衡は突然病死してしまう。反逆者として追われる自分を唯一人受け入れてくれた恩人の死に、義経は人目をはばからず号泣したという。

秀衡の亡き後、四代目当主である泰衡のもとに、朝廷からの使いが来た。泰衡が義経を匿う罪は重いとする泰衡追討の宣旨であった。頼朝による内部分裂をはかるための工作である。この知らせに家臣からも、義経を引き渡すべきだという意見が上がりはじめ泰衡は決断を迫られた。

泰衡は義経の館を軍勢数百騎で取り囲み、矢を射かけた。すべてを知った義経は、残った家臣に館に火をかけるように命じ、一人そのなかにこもった。燃えさかる炎のなか自刃したのである。

義経の死から一月半後、頼朝は、泰衡が送った義経の首を鎌倉に入れることを拒絶している。そして大軍を率いて奥州へと出陣。義経が討たれたいま、奥州追討はすべきではないという朝廷の制止を押し切っての出兵だったという。激しい抵抗もむなしく、義経なき奥州軍は敗北し、泰衡は敗走の途中で家臣に討たれた。そして平泉は陥落。ここに100年にわたり繁栄を誇った奥州藤原氏は滅んだのである。

この物語を読むと、藤原泰衡には、父・秀衡の遺言を破って義経を殺した愚鈍な人物というイメージがまとわりつく。しかし、猛烈な勢いで全国に覇権を伸ばし、戦慣れしきった頼朝軍に奥州軍が勝利する可能性は極めて低かった。そうした賭けにでるよりも、反逆者である義経の首を差し出して平泉の安泰を守ることを決断した泰衡の選択は、当主として妥当であったという評価もあるという。

義経はなぜ死んだのか?
兄・頼朝が、それほど奥州藤原氏を恐れていたからともいえる。

その時歴史が動いた〈33〉
その時歴史が動いた〈33〉

| | コメント (2) | トラックバック (0)

阿川弘之の海軍提督三部作

太平洋戦争に反対した3人の海軍提督の物語。「山本五十六」「米内光政」「井上成美」読み応えがあります。
とくに、帝国海軍きっての知性といわれた井上成美の魅力に惹かれました。わが故郷の先輩でもあります。
山本五十六 (上巻) (新潮文庫)
山本五十六 (下) (新潮文庫 (あ-3-4))

米内光政 (新潮文庫)

井上成美 (新潮文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理想のリーダーは上杉鷹山

読売新聞社のアンケートによると、全国自治体の首長に対し、理想のリーダーを尋ねたところ「上杉鷹山」がトップだったそうです。小学生の頃、父親の転勤の都合で少しだけ米沢に住んでいたことがあり、上杉神社のお堀でザリガニ釣りをしたことや、近所の機織り工場の音を思い出しました。

童門冬二さんの著書によれば、治者としての鷹山は「愛民」ということばを好んで使っていたそうです。西郷隆盛の「敬天愛人」は有名ですが、もともとは鷹山の師匠であった細井平洲の書いた本を西郷が読み、その思想を学んだのだと知りました。ジョン・F・ケネディ大統領が、当時もっとも尊敬する日本人として挙げたのも「上杉鷹山」だったといいます。
上杉鷹山の経営学―危機を乗り切るリーダーの条件

灰の中にみつけた小さな火種を、やがて大きな変革の火へと広げていこうというアプローチは、いまでいうアクションラーニングのようでもあります。

先日観たばかりの黒澤明の映画「生きる」の主人公、市役所に勤める渡辺課長の姿ともシンクロしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛耳長目

明治維新の口火を切ったのは、高杉晋作をリーダーとする有志による軍隊「奇兵隊」の決起でした。
●奇兵隊決起せよ!高杉晋作挙兵の時
1864年12月15日・・・黒船の来航をきっかけにした幕末の動乱は、長州藩を中心にした倒幕活動から明治維新へと発展します。
時代を鋭く洞察する見識や、まず行動するという実践力など、松下村塾で師である吉田松陰から学んだことが高杉晋作のリーダーシップの原点となっているようです。特に、行動に必要な情報を出来る限り集めて未来を洞察していくという教えが、忠実に実行に移されていた点がすごいと思います。
高杉晋作のリーダーシップについて、マインドマップで描いてみました。
takasugi
その時歴史が動いた〈4〉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徳川家康の天下取り

●大坂の陣・豊臣家滅亡す/徳川家康・非情の天下取り
1615年5月8日・・・いわゆる大坂夏の陣で、追い詰められた豊臣秀頼が自ら命を絶ち、戦国時代が終わった時です。悲劇のヒーロー真田幸村が描かれた物語が多いなか、人間味あふれる家康の苦渋の決断が取りあげられていて、家康の違った側面を発見できたような気がします。秀吉から託された秀頼の命を奪って果たした「非情の天下取り」には、確固たる平和への執念が感じとれました。実はその裏には、念仏を書き写して懺悔する姿や、秀頼に対する武士の情けがあったようです。
家康が天下をとった時の様子をマインドマップで描いてみました。
ieyasu
その時歴史が動いた〈3〉

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その時歴史が動いた<2>

第2巻は信長スペシャルともいえそうな構成です。2006年NHK大河ドラマの原作「功名が辻」にもでてくる長篠合戦が取りあげられていました。

●鉄砲伝来・偶然のドラマ
1543年8月25日・・・今ではロケット打ち上げ基地として有名な種子島。ポルトガル人が日本に初めて鉄砲を伝えました。たった2挺の鉄砲が、その50年後に日本の戦国時代を終わらせ、300年近い平和な徳川時代を迎えたという点で、「人殺しの道具が、やがて平和をもたらした」というフレーズが印象的です。

●織田信長・勝利の方程式
1575年5月21日・・・当時最強だった武田軍団をいかにして信長は打ち破ったのか。功名が辻の第一巻では、鉄砲三段撃ちというアイデアによって長篠の戦いに勝利した様子がありありと描かれていますが、鉄砲は一因にすぎないようでした。陣城を築き、敵をおびき出して殲滅するという信長の勝利の方程式は、長篠の戦い以降多くの合戦で模倣されたといいます。

●敵は本能寺にあり
1582年6月2日・・・光秀はなぜ主君・信長を裏切ったのか。天下統一を自分の才覚でやってきたと思う信長に対し、天下統一の一翼を担ってきたと考えた光秀がかみ合わず、どんどん溝が広がっていく様子が痛々しいほどです。信長のめざした新しい統治のあり方が、室町時代の大義名分を重んじる秀光には受け入れられなかったために、国替えで「お前が頼りだ!」と発したはずの信長のメッセージを、光秀は左遷と感じてしまったのでした。

●坂本龍馬幕末の日本を動かす
1866年1月21日・・・薩長同盟成立のとき、それは徳川幕府の終焉の引き金となっていきます。死と隣り合わせの同盟成立でした。

●ダルマ大臣・高橋是清経済危機と格闘す
1927年、1932年、1936年・・・大蔵大臣を史上最多の7回も務めた高橋是清は、国民から「ダルマさん」と親しまれる政治家だったそうです。類いまれな問題解決能力!

「その時歴史が動いた(2)」(NHK取材班編/KTC中央出版)より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その時歴史が動いた<1>

NHKの人気番組がシリーズ本になっています。
第1巻は幕の内弁当(松)のような豪華さでした。これから少しずつシリーズを制覇していきたいと思います。

●運命の一瞬、東郷ターン
1905年5月27日・・・日露戦争を勝利に導いた日本海海戦における東郷平八郎の決断。その決断とは、連合艦隊がロシア艦隊の進路を横一線になって塞ぐ「丁字戦法」であった。

●世紀の対決、沢村栄治対ベーブ・ルース
1934年11月20日・・・満州事変が勃発し、国際連盟を脱退した日本。読売新聞社の正力松太郎の呼びかけ、幣原喜重郎ら外務省の後押しによって日米親善試合が実現。連戦連敗のあと、ベーブ・ルースを三振に打ち取り、大リーグをわずか1点に抑えた沢村栄治の好投は人々に感動を与え、日本プロ野球の創設につながった。

●天下分け目の天王山
1582年6月13日・・・織田信長を暗殺した明智光秀と、信長の仇を討つ羽柴秀吉が、京と大坂の中間にある天王山の麓で激突した。天王山を制した秀吉の勝機は、巧みな「情報戦略」と分かりやすい「スローガン」であった。

●幕末のプリンセス、日本を救う
1868年3月18日・・・江戸城の無血開城は、勝海舟と西郷隆盛の話し合いだけで成し遂げられたのではない。時代に翻弄された皇女和宮(かずのみや)の徳川家臣への説得があってこそ、江戸の町は戦火から救われたという。

●新選組参上!
1864年6月5日・・・新撰組による池田屋襲撃事件。敵20人の中にわずか4人で突入した若者を動かしたものは、何としても武士になりたい!という悲壮の覚悟であった。

「その時歴史が動いた(1)」(NHK取材班編/KTC中央出版)より

| | コメント (0) | トラックバック (0)